2007年07月31日

■強肩強打の凄い奴 自由自在の二刀流

平野 孝選手、加入内定のお知らせ
テスト参加して45分でリタイアしてから2ヶ月、平野の加入が決定。
平野と言えば未だに「岡田ジャパンの秘密兵器」と言った印象です。
我ながら古い。もう10年近く前か、フランスワールドカップ。
「W杯出場経験者」は大宮では初かな?
どうやらSBとしての起用が多そうな感じですね。左利きの左SBかぁ。
ベテランの味に期待であります。
伊達に300試合以上出てないってとこを見せて欲しいですね。
つか次に試合でたら350試合出場ですか。すげぇなぁ。
スポンサーサイト

2007年07月31日

■東東京大会16日目、17日目

7/30
準決勝
帝京 7-3 関東一(7回裏降雨コールド)

7/31
準決勝
修徳 11-0 東京実(7回コールド)

雨のため、帝京-関東一の試合は7回裏で終了。
帝京の2年生投手、高島が好投。
降り続く雨のため第2試合は本日の10時からに延期。
西東京の決勝との2試合開催という珍しい形になり修徳が勝利。
決勝は明日。帝京と修徳の対戦です。

2007年07月29日

■東東京大会15日目

準々決勝
東京実 7X-6 京華商
帝京 5-2 都城東
関東一 14-4 高輪(6回コールド)
修徳 5-1 都足立新田

ベスト4が決定。都立は全て敗退。
お馴染みの強豪に混じって、東京実が久しぶりのベスト4。
帝京の大田にやっとエンジンがかかったようです。

2007年07月27日

■東東京大会14日目

5回戦
都足立新田 8-7 成立学園
高輪 4-3 都葛飾商
東京実 2-1 駒大高
都城東 4-3 世田谷学園

母校は1点差で負けました。秋、春、夏とすべて1点差負け。
勝負弱かったのかな…。また次に期待です。
昨日の試合は全て1点差だったんですね。
しかし伊集院光の母校(正確には中退)の足立新田は強くなったなぁ…。 

2007年07月26日

■東東京大会13日目

5回戦
帝京 8-2 駒場学園
京華商 5-4 都小山台
修徳 15-2 都葛飾野(5回コールド)
関東一 16-0 都広尾(5回コールド)

お馴染みの高校が残ってます。

2007年07月25日

■東東京大会12日目

4回戦
駒大高 4-3 青稜
都足立新田 9-8 都総合工科
高輪 4-3 都江戸川
成立学園 12-5 国士舘(8回コールド)
都城東 10-3 都高島(7回コールド)
世田谷学園 12-2 目黒学院(5回コールド)
東京実 5-3 日大豊山
都葛飾商 7-3 城北

ベスト16が出揃いました。都立は6校。
楽勝かと思いきや最後ギリギリ逃げ切った足立新田。
そして国士舘がコールド負けとは。

2007年07月24日

■上原がTSUTAYAに打たれなければ

9人継投でノーヒットノーランだったと思ったみなさんこんにちは。
死球もなければ完全試合だったのに。
これははるか昔のような気がするプロ野球のオールスター一戦目の出来事でした。
今「ゲッツ」が見られるのは神宮球場だけ!

「2007JOMOオールスターサッカー」 小林大悟選手出場決定のお知らせ
えぇぇぇー、なぜ大悟。前半戦半分以上お休みだったのに。
そしてあまり無理させたくないのに。
他にいませんかね。いないか。
怪我しないように軽く頑張ってきてください。
やっぱ静岡開催だからかなー。地元出身ってことで。
チームで静岡出身なの大悟1人。各チーム2、3人いそうな雰囲気ですけどね。
ちょろっと調べてみたら1人しかいないチームも結構ありますね。
まったくいないチームもあるみたいです。FC東京と大分。
だいたいの都道府県では、その都道府県出身のJリーガーが一番多いのは
その都道府県にあるチームですねぇ。
ユースもあるし、当たり前ではあるんですが、なんかいいことかなと。

早くもノムさんブチギレた!休日返上しない楽天・球宴組を一喝!<サンスポ>
元祖スターダスト軍団のみなさんはいきなり怒られてます。
「休んでいいって言われて休んで何が悪い」という感じはしますけど
そうもいかないのがこの世の慣わしなんですかねぇ。
マーさんには甘く嶋には厳しいノムはいいなぁ。
まぁこれはツンデレジジイのツンの部分でしょう。
オールスターの解説は単なるデレデレジジイでしたが。

2007年07月24日

■東東京大会11日目

4回戦
京華商 7-2 都大島
都葛飾野 9-5 都小岩
帝京 15-7 芝浦工大高
都小山台 8-4 都文京
修徳 1-0 開成
関東一 10-0 都葛西工(5回コールド)
駒場学園 11-4 武蔵工大付(7回コールド)
都広尾 5-2 東海大高輪台

ベスト16が続々決定。
第2シードの修徳と1-0の好試合の開成。
プロ注目の帝京のエース大田は乱調。なんと11球で降板。

水戸葵陵“2度サヨナラ勝ち”/茨城大会<ニッカン>
何が起こっても不思議じゃない夏の大会。
押し出し四球でもちゃんと一塁まで行かないとダメなんですよね。
しかし二度目も押し出しとは。

2007年07月23日

■東東京大会10日目

コールド勝ち

彩の国カップとか練習試合とかスルーして
日曜の朝っぱらから母校の試合を見に行ってきました。
背番号1の投手がやたらポコポコ打たれて崩れかけたり
サードまではランナーが行くけど、もう一押しできなかったりと
微妙に怪しいムードも漂いましたが、相手の守乱にも助けられ
機動力を有効に使ってコールド勝ち。
出来れば5回ですんなり終わらせて欲しかったけれど。
左ピッチャーが2人もいるなんていいなぁ。しかも2人とも2年生。

3回戦
都葛飾商 4-2 正則学園
城北 13-1 京北白山(5回コールド)
世田谷学園 11-1 筑波大駒場(6回コールド)
駒大高 11-5 農大一
青稜 10-3 聖学院(8回コールド)
都足立新田 10-3 都東(7回コールド)
都総合工科 13-1 学習院(5回コールド)
武蔵工大付 6-5 日大桜丘
都高島 14-4 都荒川商
都城東 1-0 都篠崎
東海大高輪台 12-2 明治(6回コールド)
都広尾 4-1 都立大付

明治高校はホームの明大球場でコールド負け。残念。

2007年07月23日

■東東京大会9日目

2回戦
明治 2-1 豊南
青稜 5-4 駒込学園
聖学院 10-0 都大島南・海国(5回コールド)

3回戦
成立学園 10-0 大東大一(5回コールド)
日大豊山 4-3 海城
都小岩 9-1 巣鴨(8回コールド)
都葛飾野 8-0 都深沢(7回コールド)
高輪 3-0 都紅葉川
国士舘 10-6 都足立西
東京実 11-0 東京工(5回コールド)
目黒学院 8-0 都板橋(7回コールド)
都江戸川 10-9 淑徳
駒場学園 7-0 日体荏原(8回コールド)
京華商 4-0 駿台学園
都大島 8-1 城西(7回コールド)

シード校、都紅葉川が敗退。

2007年07月23日

■東東京大会8日目

2回戦
都足立新田 6-2 順天
学習院 10-6 昭和一
農大一 7-3 国学院
都葛飾商 3-1 都九段
世田谷学園 10-0 多摩大目黒(5回コールド)
筑波大駒場 11-0 都足立東(5回コールド)
目黒学院 14-1 京華(5回コールド)
都荒川商 7-0 都三宅(8回コールド)
都城東 14-0 区九段 (5回コールド)
正則学園 4-0 都青山
京北白山 11-9 都千早

3回戦
芝浦工大高 7-3 立教池袋
開成 5-3 都小松川
都小山台 8-7 都墨田工
帝京 8-1 大森学園(8回コールド)
都文京 12-4 立志舎
修徳 13-0 学芸大付(6回コールド)
関東一 14-7 二松学舎大付(7回コールド)
都葛西工 5-3 郁文館

3回戦がスタート。
メンバー表を見たら足立東にやけにデカイ選手が多いのに驚きました。

2007年07月20日

■デニス・マルケス(本当に)来る

デニス・マルケス選手加入内定のお知らせ
誰か獲得するまでは更新しないようにしてたら、だいぶ時間が経ってしまいました。
エニウトンがいなくなったり、イベルセンにオファー出したりしてましたねぇ。
ということでデニス・マルケスは決定。とにかくがんばって。
ですが、FW代わっただけで点が入るとはあまり思わないようにしておきます。
そしてもうYoutubeとか見てwktkするのもやめにします。
2月22日生まれかー。有名人が何人か思い浮かびますね。
陣内智則とか、うえやまとちとか。

初の紅白戦を実施 4―4―2の布陣試す J1大宮・嬬恋合宿<埼玉新聞>
これ読むとなんちゅうかやっぱ簡単にはいかないことはわかります。
平野はどうなるのかな。

大宮夏まつりスタンプラリーの開催について
こういうの好きなのって圧倒的に男子ですよね。
スタンプラリーとか乗り潰しとか全駅下車とかホッピーマラソンとか。

2007年07月20日

■東東京大会7日目

1回戦
都九段 11-1 成城学園(6回コールド)

2回戦
東京実 11-0 松蔭 (5回コールド)
駒大高 7-0 都淵江(8回コールド)
都総合工科 9-2 都両国(8回コールド)
日大豊山 19-1 麻布(5回コールド)
立志舎 6-4 都新宿
京華商 7-1 早稲田
都高島 4-0 文教大付
都篠崎 2-1 筑波大付
城北 13-0 都新島(5回コールド)
都立大付 8-3 都千歳丘
都足立西 6-2 都青井
都東 3-2 渋谷
豊南 5-5 明治(引分け再試合)
成立学園 11-0 都葛西南(5回コールド)
城西 8-4 都田園調布
学芸大付 5-4 日大一
都大島 6-3 都雪谷
日体荏原 7-2 正則
武蔵工大付 7-0 独協(8回コールド)

19年ぶりに出場の都新島はコールド負け。
やっと1回戦の試合を消化しました。
続きを読む "東東京大会7日目"

2007年07月19日

■東東京大会6日目

1回戦
城北 12-10 昭和鉄道
目黒学院 11-1 都目黒(6回コールド)
都高島 9-0 東京学園(8回コールド)
都東 8-3 豊島学院
都足立西 7-5 都大山

2回戦
都葛西工 7-0 都芦花(8回コールド)
二松学舎大付 10-0 共栄学園(5回コールド)
郁文館 11-7 攻玉社
海城 3-0 本郷
都葛飾野 8-6 立正
東海大高輪台 5-4 日本学園
都広尾 9-2 成城(8回コールド)
高輪 16-9 都松原(8回コールド)
都墨田工 5-1 都三商
都小岩 8-1 東工大科学技術
大東大一 5-3 東京
大森学園 8-1 桜丘(7回コールド)

最も物悲しい「8回コールド」がやけに目立った1日でした。

2007年07月18日

■東東京大会5日目

1回戦
東京実 10-9 都日比谷
駒大高 12-1 都産業技術高専(5回コールド)

2回戦
淑徳 10-0 大東学園
都江戸川 8-2 都六郷工科(5回コールド)
開成 10-0 都桜町(5回コールド)
都小松川 12-1 都深川(5回コールド)
巣鴨 12-1 都赤羽商(6回コールド)
都深沢 11-1 都桐ケ丘(5回コールド)
駿台学園 29-0 都日本橋(5回コールド)
東京工 13-11 京北
都板橋 6-5 東洋

雨の影響もあって、西にある球場では中止が多数。
東東京にもう1つ球場欲しいとこですが、無理だろうなぁ。
再試合だった東京実と日比谷の試合は点の取り合いの末、日比谷の勝利。
進学校で有名な開成がコールド発進。最近の開成はそこそこ強い?
2年前に5回戦くらいまで行きましたね。

春日部共栄、初戦で散る<朝日>
埼玉では春日部共栄が初戦で散る波乱が。
20年ぶりの初戦敗退だそうです。
これが夏大なんですね。桐青の河合君の言うことは正しい。

2007年07月17日

■東東京大会1日目、2日目、3日目、4日目

7月13日
1回戦
桜丘 8-6 足立学園

7月14日
台風のため全試合中止

7月15日
台風のため全試合中止

7月16日
1回戦
日体荏原 7-0 芝(7回コールド)
学芸大付 10-0 都三田(6回コールド)
都小岩 7-0 都足立工(7回コールド)
早稲田 14-3 都八丈
都日比谷 2-2 東京実(引分け再試合)
武蔵工大付 4-1 都戸山
立正 7-1 都科学技術
二松学舎大付 5-3 東京成徳大高
都新宿 16-8 安田学園(7回コールド)
東海大高輪台 14-0 都荒川工(5回コールド)
都広尾 4-0 都大森
城西 10-1 都駒場(7回コールド)
高輪 4-2 岩倉

2回戦
立教池袋 5-3 青山学院
芝浦工大高 8-0 錦城学園
駒場学園 6-0 都蒲田
日大桜丘 12-0 都国際(5回コールド)
都小山台 6-2 朋優学院

いきなり台風による大雨で試合が滞りまくった東東京大会。
2日とも全試合中止になり、決勝もズレこみました。
安田学園のコールド負けが印象的。

2007年07月02日

■土日

【J1:第18節 大宮 vs G大阪 レポート】
揺らぎなき首位G大阪の底力を前に、好調大宮も陥落。
8戦ぶりの敗戦で1か月半の中断へ。 [ J's GOAL ]

ボコられて中断です。
いろいろあったようななかったようなですが、16位で中断。
3勝はリーグ最低、7分けはリーグ最多。10得点も最低。
上位7チーム相手にはのべ8試合やって3敗(ガンバに2敗)。
引分けが多いとはいえ、これは健闘した部類かも。
が、下位相手に最下位の横浜FC以外には全敗。
当面のライバルに全て勝点3を献上。これが痛かった…。
チームの具合と日程の兼ね合いが上手くいかなかった感じ。

大宮アルディージャ対ガンバ大阪 −見せられた現実−<川本梅花のブログ版「フットボールのアフォリズム」>
大宮対G大阪戦を終えて −ロバート監督に想うこと−<川本梅花のブログ版「フットボールのアフォリズム」>
もう1回続く予定の川本梅花氏のブログ。
こんなに大宮のことを書いてくれるライターは珍しいです。
そしてロバートはどうするのかなぁ。
ピッチの上は開かれたキャンバスと同じである。描くべき余白は無限だ。
それをどう描くのかは、選手次第なのである。」

というのには同意。結局は選手が頑張るしかないんですよね。
富田を冨田と書いてくれればなおよし。

サテライトリーグ試合結果
サテライトリーグの試合総評、コーチ・選手コメント
このチームで結果うんぬん言うことはないわけですが、なんか普通の点差になってるのは不思議。
即席チームですからねぇ。
3失点目のオウンゴールと、2得点目の若林の相澤を襲ったゴールが目の前で見られて良かったです。
相澤もあんな場面でテンパってる場合じゃないだろと。

2007年 大宮アルディージャ 夏季キャンプ実施のお知らせ
休みとキャンプの日数反対にすればいいじゃないかな。
まぁ長いことキャンプすればいいってわけでもないけどさ。

ガンバ戦の観戦記は続きを読むで。
 
続きを読む "土日"