2016年09月09日

■あなたへ~Chelip Ver

世界一人気のある選手は片岡洋介なのではないかと思わせるようなスタジアムでした。

前田俊介で嫌な記憶を思い出し、バルチ ジュニオールでバルチックカレーを思い出す。
そんな水曜日のスタジアム。

とりあえず勝ってよかった。
 
9月7日 天皇杯2回戦 VS ガイナーレ鳥取 ○1-0 NACK5スタジアム大宮

大宮
GK 松井謙弥 50
DF 渡部大輔 13
DF 山越康平 4→26分 退場
DF 高山和真 25
DF 沼田圭悟 5
MF 大山啓輔 15
MF 横山知伸 18
MF 岩上祐三 10
MF 清水慎太郎 14
FW ネイツ ペチュニク 9→77分 大屋翼 20
FW 播戸竜二 11→HT マテウス 16

鳥取
GK 福島春樹 39
DF 中島崇典 6
DF 稲森克尚 15
DF 秋山貴嗣 17
DF 山道淳司 28→59分 小谷野顕治 8
MF 片岡洋介 40
MF 廣田隆治 7
MF 林誠道 13
MF 池ヶ谷颯斗 16→68分 バルチ ジュニオール 11
FW 河合秀人 18
FW フェルナンジーニョ 10→80分 前田俊介 48

得点 51分 大宮 ネイツ ペチュニク

天皇杯です。日程ギッチギチのところに突っ込んでこなくても、と思いますが仕方ない。
対戦相手は初対戦となりますJ3の鳥取。そう片岡洋介のいる鳥取です。
大宮のスタメンはルヴァンカップで出番のなかった人たち中心。
鳥取はフェルナンジーニョもスタメン。ベンチには前田俊介。大宮殺す気マンマンです。
前半。まぁボール持ちますよね。ちょっとゆっくりし過ぎかなとも思いましたが、点は
なんとか入りそうという感じでした。
フェルナンジーニョに翻弄される場面もありましたが、守備もまぁ大丈夫でしょう。
とかやや余裕ぶって見てたら、26分。山越がドリブルで持ち上がったところでロスト。
取り返そうと思いっきり足裏で行ってしまい、一発レッド。いやー若い。
前半30分にならないうちに10人という難しい状態になってしまいました。
これによって横山がCB、岩上がボランチ、ペチュニクが右サイドと、播戸さんワントップスライド。
10人になったことによって、狙いは明確に。持たせて守ってカウンターでした。
後半。マテウス投入でペチュニクワントップに。
51分。相手PAの外で得たFKを沼田がスラしたところにペチュニク。これで先制。
その後もブロックを作って、がっちり守ってチャンスがあったらカウンターという流れを継続。
最後、洋介のシュートでヒヤっとする見せ場も作って試合終了。
10人できっちり試合をコントロールするのって大変ですよね、と。
3回戦が9月中にあることに最近気が付きました。また磐田か。そしてまた過密日程かよ。

とりあえず思ったこと
・山越君はこれを糧にがんばってください。
・出場寸前まで行ったのに出られなかった藤沼君。
・マテちゃんおつかれ。
・播戸さんも試運転にしてはまぁまぁだったのではないでしょうか。
・いろんなプランが狂ったとは思いましたが、まぁ勝ったので。。
スポンサーサイト

«ルヴァンVS複製人間 | メイン | 旨酒を酌み交わそう»

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL