2016年09月26日

■トミの名は

160925.jpg
ミーヤさんかるた「お主、なんと無礼な!一族郎党に至るまで皆殺しじゃ!」

本当は「お」のつく食べ物をいっぱい言うというほのぼのゲームでした。
でもこういうゲームのときは本当は「お」は不向き。
「お餅」とか「お団子」とか使えちゃうので。

試合の方は追いついての引き分けでした。
 
9月25日 J1 2nd 第13節 VS サガン鳥栖 △1-1 NACK5スタジアム大宮

大宮
GK 塩田仁史 21
DF 奥井諒 19
DF 山越康平 4
DF 菊地光将 2
DF 大屋翼 20
MF 大山啓輔 15
MF 金澤慎 23
MF 泉澤仁 39→75分 清水慎太郎 14
MF 江坂任 7→85分 マテウス 16
FW ドラガン ムルジャ 8→75分 ネイツ ペチュニク 9
FW 家長昭博 41

鳥栖
GK 林彰洋 33
DF 藤田優人 8
DF キム ミンヒョク 5
DF 谷口博之 29
DF 吉田豊 23
MF 金民友 10
MF 高橋義希 14
MF 福田晃斗 30
MF 鎌田大地 24→63分 岡田翔平 39
FW 富山貴光 18→78分 池田圭 22
FW 早坂良太 25

得点 06分 鳥栖 富山貴光
   58分 大宮 家長昭博

天皇杯から中2日というなかなかな連戦ですね。
河本、横谷が出場停止の大宮は山越、大山がスタメン。
鳥栖は豊田とハミラじゃなくてカビルが出場停止。富山がスタメンですよ。
ついでにフィッカデンティ監督もいませんでした。
前半。流れるような展開からの江坂のヘッドはGK正面。
6分。PA内でのボール回し中に菊地が富山を倒したとしてPKを与えてしまいます。
足とかかかってたかなーというとこでしたが、PKはPK。富山に決められて先制されます。
その後はなんというかまぁ塩。同じ場面を何度見たことかという。
なかなかフィニッシュまで行けない攻撃。相手もアレだったので助かりましたが。
後半。それでもチャンスはやってきます。CKから。
セカンドボールを慎がダイレクトで叩くと珍しく枠内へいいボールが。
これは林に防がれますが、こぼれ球を家長が右足で叩き込んで同点。
その後もネイツ、慎太郎、マテウスと投入して、勝ち越し点を狙いに行くものの
仕留め損なった格好になってしまい、引き分けで終了。
もったいないと言えばもったいない、追いついただけマシといえばマシな試合でした。
次はアウェイのカシマです。今年こそ、に騙されて今年もカシマに行くのです。

とりあえず思ったこと
・家長さん、10点目!結構休んでるのに10点は凄い。大宮の日本人選手としては初。
 J1での10点は家長のキャリア史上でも初です。
・河本、横谷がいないとちょいちょいいろいろズレる。
・それでも大山くんには成長を感じます。
・キクはJ1で200試合出場達成。いつも苦労ばっかですいません。
・慎もJ1で200試合出場達成。これからもよろしく。久々見た奥さんも美人でした。
・マテちゃんはさすがにちょっと疲れてたかなー。
・富山、いいワザ覚えてきたじゃねーか!
・一年前は富山のゴールをめちゃくちゃ喜んでたのに、一年たった今、苦々しく見るという。
・にしても序盤のプレスには手を焼いてましたね。面倒な相手だ。
・手話応援で勝てないとなんか申し訳ない気持ちがいつもします。
スポンサーサイト

«シン・ゴーゼロ | メイン | 11年つったら生まれた子供が11歳になってるよ»

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL