2016年12月26日

■再び始まる準々決勝

161224_1.jpg

161224.jpg

クリスマスイブに楽しんでいただけましたでしょうか?
 
12月24日 天皇杯準々決勝 VS 湘南ベルマーレ ◯4-2 NACK5スタジアム大宮

大宮
GK 塩田仁史 21
DF 奥井諒 19
DF 菊地光将 2
DF 河本裕之 3
DF 大屋翼 20
MF 大山啓輔 15
MF 横谷繁 17
MF マテウス 16→76分 家長昭博 41
MF 泉澤仁 39→76分 清水慎太郎 14
MF 江坂任 7
FW ドラガン ムルジャ 8→105+1分 ネイツ ペチュニク

湘南
GK 梶川裕嗣 21
DF 奈良輪雄太 24→52分 退場
DF 石川俊輝 16
DF アンドレ バイア 4
DF 島村毅 30
MF 藤田征也 14→菊池大介 10
MF 菊地俊介 2
MF 三竿雄斗 6
FW 高山薫 23
FW 山田直輝 8→90+1分 藤田祥史 11
FW 大槻周平 19→アーリア2016ももう終わり

得点 32分 大宮 泉澤仁
   70分 湘南 菊地俊介
   93分 湘南 藤田祥史
   111分 大宮 菊地光将
   118分 大宮 菊地光将
   120分 大宮 大屋翼

♪リンリンリーンリンリンリーンポンポンポーンポポーン メリークリスマス!
1ヶ月半のインターバルがあるという超変則日程の中、天皇杯の準々決勝。
オフのようでオフではない宙ぶらりんの1ヶ月半、いかがお過ごしでしたでしょうか?
なぜかチケットバカ売れだったこの試合、開門時間に行ってみたら長蛇の列。
とは言え、入ってみたらそうでもないという感じでしたね。
スタメン。家長は熱発があったためかベンチスタート。マテちゃんスタメンです。
前半。4バックの湘南に主導権を奪われ、波に飲まれかけてしまいますが
10分もすると大宮ペースに。泉澤からガンガン攻めます。
その泉澤の惜しいシュート、横谷の惜しいシュートとビッグチャンスも。
先制点も泉澤。中に切れ込んでのシュートはポストに当たってゴールイン。
その後も圧倒的にペースを握りまして、こりゃ2点目で決まりかなーと思ってたらそうは行かず。
こりゃ後半また大変なことになるのかなと思ったら、52分には奈良輪が2枚目のイエローで退場。
これはいよいよ、と思ったんですが、ムルジャチャンスを外したりしているうちに…。
どうにも中ヘ中へ攻め込むことになってしまい、そこから湘南の流れに。
70分にはゴール前でパスをつながれ、最後はフリーの菊地にニアへ決められ恩返し同点。
家長、慎太郎を投入して、再度勝ち越しを狙いますが、流れは取り戻せず。
そのまま延長へ。この寒いのに延長ってなんなのなんなの!
相手は1人少ないので、なんとか延長で仕留めないとなぁとか思ってた矢先。
FKからのフワっとしたボールを藤田に決められて逆転されます。
DFとGKの連携がアレな場面でしたが、また藤田かよという展開に。
こうなると時間は進んでいくばかりですが、まだ時間が残っていたのが助かりました。
攻めの方向に重心を置いて、さらにはペチュニクを投入して鈍器でぶん殴りに行きます。
実ったのは111分。オーバーラップした奥井のクロスを慎太郎が落として押し込んだのはキク!
さらに118分、ショートコーナーからペチュニクが繋いで、またしてもキク!
さらに試合終了間際、アーリアのパスをカットした大屋がパス交換からPA内へ。
ペチュニクの折り返しを、あの時のオウンゴールのように決めて試合を決定づける4点目。
ドタバタドタバタしましたが、なんとか湘南に勝って2005年以来の準決勝進出。
準決勝は日産スタジアム。相手は川崎です。12/29、イチロニッサン!

とりあえず思ったこと
・何と言っても大屋のゴールですよ。大屋の相手の嫌なとこにいるスキルが発動。
 ホントに大屋がいてくれて大変助かってます。
・終わってみたらまぁすっかり寒かったです。
・延長で4ゴールも目の前で見ることに。
・菊地の2ゴールは嬉しいですね。
・菊地に決められたのは恩返しってことになるんでしょうかね。
・湘南は意識高い感じで苦手です。ただ勝ってしまう。
・準決勝、正直、川崎とは今年中に再戦はしたくなかったわけですが、やることに。
 しかも因縁が1飜乗ってやがんのね。
スポンサーサイト

«恋が駆け出してくWednesday | メイン | 2017年の始まりに2016年最後の試合を振り返る»

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL