2017年05月16日

■大前のゴールを待たせるな

宙船。

170514_1.jpg
イヤッッホォォォオオォオウ(踊り狂う2人)

170514_2.jpg

今シーズン初めての逆転勝利でした。
さらに最下位脱出。え…?こんなに酷いのにもう脱出しちゃっていいの?
個人的には今シーズン初めて勝利を見たのでよかったです。 

5月14日 J1第11節 VS ベガルタ仙台 NACK5スタジアム大宮 ◯2-1

大宮
GK 塩田仁史 21
DF 渡部大輔 13
DF 山越康平 4
DF 菊地光将 2
DF 和田拓也 22
MF 金澤慎 23→81分 岩上祐三 47
MF 茨田陽生 40
MF マテウス 16→74分 大山啓輔 15
MF 瀬川祐輔 44
FW 江坂任 7
FW ドラガン ムルジャ 8→HT 大前元紀 10

仙台
GK シュミット ダニエル 1
DF 蜂須賀孝治 4→83分 小島雅也 32
DF 大岩一貴 27
DF 平岡康裕 13
DF 増嶋竜也 50
MF 富田晋伍 17
MF 三田啓貴 18
MF 梁勇基 10→69分 奥埜博亮 7
MF 永戸勝也 2
FW クリスラン 20→74分 西村拓真 30
FW 石原直樹 11

得点 23分 仙台 クリスラン
   60分 大宮 山越康平
   89分 大宮 大前元紀

曇った日曜の17時、という気分的に若干アンニュイな気分になる中の試合でした。
こんな日はサウナと水風呂でも入ってスッキリサッパリして寝ちゃいたいもんですが試合です。
絶賛不調中の大宮さんは菊地が復活して、マテちゃん、ムルジャがスタメン。
仙台とは10日前にもやりましたが、その時はほぼ控えのメンバーでしたからイマイチ参考には。
前半。マテウスは好調維持でこの布陣なわけで、わりと攻め込む機会あり。
ただ23分にクリスランを山越が倒してしまいPK。
クリスランも追いつけなさそうな感じで走ってたので、これはもったいなかった。
このPK、塩田が一度は弾いたものの(驚くほど甘いコースに来た)、弾いたところが
キッカーの真正面ということもあり、結局決められて失点。
失点後はあまりいいところなく前半終了。
後半。HTにムルジャに替えて大前を投入し、瀬川がトップへ。
まずは60分。CKをマテちゃんがそらしたところに山越。
PKを与えてしまった山越のJ1初ゴールで同点に。
その後はやや大宮ペースながら、追加点は奪えない。瀬川のヘッドは惜しかった。
そんなこんなで89分。塩田のGKを仙台に拾われたところを岩上が奪い、ゴール前へロングフィード。
大前が絶妙なトラップで収めて、DFをかわして、体勢が崩れながらも持ち直しながら
見事なコースに決めて逆転。素晴らしいゴールに湧き上がるスタジアム。
最後はセットプレーをしのぎきって、今季2勝目!さらに一気に最下位脱出。
正真正銘のまずはここから、になりそうな予感が少しだけした勝利だったと思います。

とりあえず思ったこと
・大前の初ゴール。タヌキとかいってすまんかった。これからも言うと思う。
・山越は取り返した形に。こういうのがいいんだよ。
・瀬川の走力全開。
・マテちゃんは引き続きよさそう。
・ムルジャはケガかしらん…。
・久しぶりに見た石原直樹は相変わらず絡み損という感じでした(褒め言葉)。
・今季リーグ戦では初めての複数得点。さらに逆転勝利。
・いいきっかけになればいいのですが。いやなれ!
スポンサーサイト

«GW終わる | メイン |

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL