2017年06月06日

■地元じゃ負け知らず(そうでもない)

170604_2.jpg

170604.jpg

まずはこっから。辿り着く先はどこかまだわからないけど。
 
6月3日 J1第14節 VS サガン鳥栖 △1-1 NACK5スタジアム大宮

大宮
GK 松井謙弥 50
DF 和田拓也 22
DF 高山和真 25
DF 河本裕之 3
DF 奥井諒 29→59分 マテウス 16
MF 長谷川アーリアジャスール 28→HT 大山啓輔 15
MF 茨田陽生 40
MF 横谷繁 17
MF 岩上祐三 47
FW 清水慎太郎 14→77分 瀬川祐輔 44
FW 江坂任 7

鳥栖
GK 権田修一 33
DF 小林祐三 13
DF キム ミンヒョク 5
DF 青木剛 35
DF 吉田豊 23
MF 福田晃斗 6
MF 高橋義希 14
MF 原川力 4
MF 鎌田大地 7
FW 趙東建 9→74分 ビクトル イバルボ 32
FW 豊田陽平 11

得点 17分 鳥栖 趙東建
   72分 大宮 江坂任

監督交代後初のリーグ戦。先発メンバーはどうなるんでしょうかと思いきや。
GKの松井。ここが一番驚きましたねぇ。
松井も含めて、カップ戦の磐田戦から大きな変更はなし。
出場停止の大前に代わって、慎太郎がスタメンでした。
前半。明らかにやってることが違う、というのが見て取れる試合っぷりでした。
とはいえ若干固かったかな。おっかなびっくりの部分もあったかなという。
失点はまたしてもセットプレーから。そこでファウルで止めてはなぁというとこから
ゾーンのDFで穴が空いたとこからズドン。あっさりと失点。
攻撃では繋いで繋いで惜しい場面もありましたが、GKの正面といったところ。
後半。アーリアに代えてアンカーに大山が登場。
さらにマテウスを入れ、岩上が右SBになったあたりから活性化。
右サイドのマテウス中心に攻勢を強めて行きました。
慎太郎が上手く抜け出してGKまで交わしたものの、シュートはサイドネットだったり。
和田さんが繋いで繋いで抜け出しながら、最後は右SB岩上のクロスに飛び込んだり。
これ決まってればSBtoSBの素敵なゴールだったなーと思いました。
その直後にロングスロー、跳ね返りを岩上が再度のクロス、慎太郎反らして江坂、で同点。
最後まで諦めずに走りましたが、2点目を獲ることは出来ずにドロー。
追いついてドローでした。もう1点行けたような気がしちゃいますが
まぁ初戦ですから、こんなもんでしょう、ということに。
やりたいことはわかったので、ちょうどあるインターバル期間で詰められるといいんですが。
この後の2試合の結果で、来年の行末が変わると言っても過言ではありません。

とりあえず思ったこと
・江坂がキャプテン。そして同点弾。下りてきたり前に行ったりとお仕事多数。
・岩上が蹴って走って投げての大車輪の活躍。ほぼ岩上システム。
・マテちゃん入っていい感じ。いつも続くといいなぁ。
・和田さんの惜しかったやつがホント惜しかった。
・高山、大山が奮闘。黒川、藤沼の出番もあるかもしれない。
・小川佳純って鳥栖にいたの!
・権田のユニフォームが何年か前の鷹の祭典のユニフォームみたいだった。
 きっとどこかのハードオフで買ったのであろう。
スポンサーサイト

«進水式でワインの瓶を叩きつけたらそっから浸水したけど乗り切った | メイン | 彼女と16位なう、って使っていいよ»

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL