2017年06月20日

■彼女と16位なう、って使っていいよ

えさかん先生。

そりゃまだまだ課題はあれど、まずは勝ったのでよし。
 
6月17日 J1第15節 VS アルビレックス新潟 ○2-1 デンカビッグスワンスタジアム

大宮
GK 松井謙弥 50
DF 和田拓也 22
DF 高山和真 25
DF 河本裕之 3
DF 渡部大輔 13
MF 大山啓輔 15
MF 茨田陽生 40→85分 山越康平 4
MF 横谷繁 17→69分 マテウス 16
MF 岩上祐三 47
FW 大前元紀 10→63分 清水慎太郎 14
FW 江坂任 7

新潟
GK 川浪吾郎 22
DF 原輝綺 34
DF 富澤清太郎 50
DF ソン ジュフン 4
DF 堀米悠斗 27
MF 小泉慶 8
MF ロメロ フランク 30→39分 成岡翔 18
MF 矢野貴章 19
MF チアゴ ガリャルド 10→加藤大 13
MF ホニ 7
FW 山崎亮平 9→76分 鈴木武蔵 49

得点 27分 大宮 江坂任
   33分 大宮 江坂任
   60分 新潟 山崎亮平

この中断ってコンフェデ出るからだっけとか思ってたらアジア最終予選でしたね。
そんなことは関係なく、監督交代したばかりの大宮は戦術定着に向けていい中断となっていたらいいのですが、という下の方2つとの大事な大事なアウェイ連戦です。
出場停止明けの大前がスタメンに。
前半。ボールは回るよグルグルと。あぁこの先こうやって生きていくんだなぁと。
新潟のスピードに危ない場面もありましたが、そこをバシバシ決めてくるようだったら
同じような順位にはいないだろうということでセーフ。
27分。江坂のリターンから大山が縦にパスを通して抜け出した江坂が左足でGKの股を抜いて先制。
ゆりかごも決まって、江坂の2試合連続ゴールです。大山のパスもお見事。
33分。高山の強い縦パスを相手のDFが処理をミスったところに江坂。
躊躇せず右足で狙ってゴール。これで2-0。このまま前半終了。
後半はガス欠と圧を強めて来た新潟に押し込まれまくる展開に。
60分には山崎に決められて1点差に。その後も殴られ展開に。鈴木武蔵ありがとう展開。
ラストプレーは高山が矢野貴章に強めに行ってゴール前で与えたFK。
天才ファウルゲッター相手だとね、仕方ないね。
ただこれは壁に当たってセーフでして、見事に逃げ切って勝利。
後半の展開には大いに改善点あるものの、まずは大きな大きな1勝でした。

とりあえず思ったこと
・一定の成果は出て来ている感じが。
・ガス欠問題はどう改善するかなぁ…。
・高山が定着しつつあるのは喜ばしいことです。
・松井はこれと言って特徴はないんですが、無難にやってる気がします。褒めてます。
・山越も冷静でしたね。
・新潟のアウェイで勝ったのえらい久しぶりですね。いや新潟に勝ったのも久しぶりか。
・次もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

«地元じゃ負け知らず(そうでもない) | メイン | 図南の翼(使うの2回目)»

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL