2017年11月29日

■エポケー・チャンス

3年ぶり2度目の降格。
ホーム最終戦も勝てませんでした。
8/13から勝ってない。お盆から勝ってないのかよ!という。
ホームでは3勝7分7敗。勝ってないけど、そこまで負けてない。
にしてもアレでしたね。
ちなみにアウェイでは2勝3分11敗でした。勝点9。
これはJ3までの全チームの中で、アウェイ最少勝点です。
最終節で脱出できますか否か。
 
11月26日 J1第33節 VS ヴァンフォーレ甲府 △0-0 NACK5スタジアム大宮

大宮
GK 加藤順大 1
DF 岩上祐三 47
DF 山越康平 4
DF 高山和真 25
DF 和田拓也 22
MF 長谷川アーリアジャスール 28
MF カウエ 37
MF 茨田陽生 40→69分 瀬川祐輔 44
MF 江坂任 7→77分 渡部大輔 13
FW マルセロ トスカーノ 33→86分 大前元紀 10
FW マテウス 16

甲府
GK 河田晃兵 1
DF 新里亮 5
DF 島川俊郎 2→72 山本英臣 4
DF エデル リマ 6
MF 小出悠太 22
MF 小椋祥平 40
MF 新井涼平 8
MF 田中佑昌 14→堀米勇輝 11
MF 高野遼 35→90+2分 橋爪勇樹 28
FW リンス 39
FW ドゥドゥ 10

得点 なし

滑っても転んでもホーム最終戦。数字上はほぼほぼ決まっておりますが、
ホーム最終戦くらいは勝って終わりたいところ、でしたが…。
見どころもなく、「なんとかしてやろう」という気概を感じることもなく
いや頑張ってないわけではないんですけど、淡々と時間は経過していくという。
ある意味、今シーズンを象徴するような試合でした。
内容は紛うことなき16位と17位という感じでした。
二度目の降格は無抵抗のままあっさりとしてましたね。
というか今シーズンは思い出に残るシーンというのも特になく
ほんとに淡々とただただ弱い、という形で終わってしまった感じです。
いやまだ終わってなかった。最終戦があったわ。

とりあえず思ったこと
・相手なりとはいえ仙台戦よりはマシになってたと思います。
・キクもホント毎度毎度すまんねって感じ。
・とはいえ菊地と河本の後釜は2人の年齢、稼働率から考えても本当に探さなくてはならなくて。
・本日の2人が頑張ってくれてもいいと思います。なんか山越よかったよ。
スポンサーサイト

«ウォーキング・デッド シーズン2017 | メイン | バッド・パラダイム»

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL