2017年12月04日

■バッド・パラダイム

2017年完。
このままバッドエンドはよくないので、来年は少しはマシになるんではないでしょうか。
新旧J2味が凄すぎるJ2で、君は生き残ることが出来るか!

まずはボチボチ出て来てるシーズンオフの話題ですかねぇ。
 
12月2日 J1第34節 VS 川崎フロンターレ ●0-5 等々力陸上競技場

大宮
GK 加藤順大 1
DF 奥井諒 19
DF 山越康平 4
DF 高山和真 25
DF 和田拓也 22→83分 渡部大輔 13
MF 江坂任 7→76分 大前元紀 10
MF 長谷川アーリアジャスール 28
MF 茨田陽生 40→61分 カウエ 37→90+2分退場
MF 瀬川祐輔 44
FW マルセロ トスカーノ 33
FW マテウス 16

川崎
GK チョン ソンリョン 1
DF エウシーニョ 18→82分 田坂祐介 6
DF 奈良竜樹 3
DF 谷口彰悟 5
DF 車屋紳太郎 7
MF エドゥアルド ネット 21→84分 森谷賢太郎 19
MF 大島僚太 10
MF 中村憲剛 14
MF 家長昭博 41
MF 阿部浩之 8→89分 長谷川竜也 16
FW 小林ゆう

得点 01分 川崎 阿部浩之
   45+2分 川崎 小林悠
   60分 川崎 小林悠
   81分 川崎 小林悠
   90+6分 川崎 長谷川竜也

泣いても笑っても今シーズン最後の試合。まぁもう泣いてる人もいなさそうですが。
とりあえず勝たないと優勝はない、という相手のプレッシャーを跳ね除けるかのように
開始45秒くらいで失点。なんじゃこれw
それでも前半は最近にしては盛り返す場面もあって、もちろん点は取れませんでしたが。
そうは言っても前半終了寸前に失点してしまい…。
後半はひたすら時間経過を待ちながら失点を重ねるという感じになってしまい
気付いたら小林悠はハットトリックを達成して、逆転得点王になっておりました。
さらに行き掛けの駄賃で5点目を献上したところで試合終了。
同時に川崎の初優勝も決まっておりました。
一方、大宮は新潟が勝ったため最下位に。綺麗なコントラストでしたね。
これにて今シーズンは終了。いやーかつてないほど最悪なシーズンになってしまいましたね。
これ去年の時点でここまでの惨状を予測してた人はどれほどいたのかな。
いたら相当な逆張りマンの可能性もありますが…。
まぁまた来年、ということで。

とりあえず思ったこと
・おもしろプランとしては、耐えて焦りだす相手にカウンターで1発くらいの感じだったんでしょうが
 プランもクソもなく秒速で失点。出会って8秒で失点。
・小林悠には貢献しまくっているので、たまには何か寄贈してくれてもいい。バナナとかでいいよ。
・優勝と最下位が同時に決まる試合って過去にあったのかなぁ。
・前節で降格が決まっていなければ、もっと美しいコントラストだったのかもしれないですね。
・泰三さんと京子ちゃんはお疲れ様でした。こんな最後で申し訳ない気持ち。担当中に2回降格するとはなぁ…。
・野球の推しチーム=96敗、サッカーの推しチーム=このザマ。
 野球とサッカーは人を幸せにしない。
スポンサーサイト

«エポケー・チャンス | メイン | 141»

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL