2018年03月05日

■鶴川ってサッカーがなければ降りない駅ナンバーワンな気もする

180304.jpg

180304_2.jpg
速攻で華麗に勝利するミーヤ先生。

鶴川駅の改札を出たら目の前にバス待ちの列があって驚きました。
いろいろ考えてはみたものの、帰りはさっさと出てシャトルバスに並ぶのが一番早いのは当たり前か。
ダラダラ山下りも出来ないことはないかなぁ…。
バスが来ないのは物理的に仕方ないことなので、町田駅前にスタジアム作ってください。
 
3月4日 J2第2節 VS FC町田ゼルビア ●2-3 町田市立陸上競技場

大宮
GK 塩田仁史 21
DF 渡部大輔 13→85分 奥井諒 19
DF 山越康平 4
DF 菊地光将 2
DF 中村太亮 5
MF 嶋田慎太郎 39→90+1分 酒井宣福 20
MF 茨田陽生 8
MF 三門雄大 7
MF マテウス 16
FW ロビン シモヴィッチ 9
FW 大前元紀 10→78分 清水慎太郎 14

町田
GK 髙原寿康 21
DF 小島雅也 25
DF 深津康太 5
DF 藤井航大 3
DF 奥山政幸 2
MF 平戸太貴 8→83分 吉濱遼平 14
MF 井上裕大 15
MF ロメロ フランク 24→89分 杉森考起 7
MF 中村祐也 11→71分 ドリアン バブンスキー 20
FW 中島裕希 30
FW 鈴木孝司 9

得点 08分 町田 深津康太
   24分 町田 鈴木孝司
   65分 大宮 大前元紀
   67分 大宮 ロビン シモヴィッチ
   79分 町田 中島裕希
  
今季初のアウェイは初対戦の町田。当然、野津田での試合も初となります。
鶴川駅前のバス待ち列、すごかったな。
開幕戦からスタメン変更。慎太郎→大前、横谷→嶋田にそれぞれチェンジ。
前半。真面目なプレスをまったくいなせず、その流れのままCKからニアの深津に決められて失点。
その後もまぁダメダメで、24分には鈴木孝司にも決められて2点差。
暖かな日差しの中、花粉にやられつつ、酷い試合を見せられるのは拷問なのかもしれません。
後半。にわかに勢いを取り戻して65分に大前、67分にシモヴィッチの連続ゴールで追いついて
一気にひっくり返しにかかりますが、バブンスキーの投入で上手くいなされてしまった感じ。
その後は元の試合展開に戻ってしまい、似たような場面が続き、FKから中島に決められて
再度勝ち越され、その後は焦り続けるも何もなく、慎太郎のシュートは山へと消えて
いきました(そこまで飛んではない)。
というわけでアウェイ初戦は敗戦でした。次はホームなので勝たなければならないということで。

とりあえず思ったこと
・きっちりプレス、マテウス、シモヴィッチは人数かけて潰す、徹底されたセカンドボールの回収と
 まぁさっぱりと完敗でした。
・それでも2点差を「一時は」追いついてしまったのがいいことなのか悪いことなのか。
・長いボールやサイドチェンジを多用したり、いろいろと考えてはいたっぽいですが不発。
・大前に謝る準備は出来ている。
・嶋田も持ち味が完全に出るところまでは行ってなかった。まだまだこれから。
・ブラジル人2人は何やってんだろう。もう完全に就活コースなのかしら…。
・アナウンスの「奥井諒」のアクセントが不思議なアクセントだった。
・平戸はいい選手ですね。すぐどっか行ってしまいそう。
・めちゃくそ並んだけどステーキ丼は美味しかった。
・野津田のビジョンのお披露目に華を添えてしまいました。
 式典もやってたけど、町田のゴール裏はバス待ちでスタンドには誰もおらず寂しげ。
・天気も良かったせいかなかなかに入りましたね。こうなると交通機関がバスのみのところは酷いことになりますな。
・そんなこんなで町田を熊谷送りにするという素敵な仕打ち。
・町田サポが「大宮許せないっすよ、熊谷送りにしやがって」と話してましたが
 そんなこと言われてもこっちも野津田送りになってるやんと思ったのでした。
スポンサーサイト

«谷澤で始まる2018 | メイン | 3度決定機を止め、1度決定機を逃す»

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL