2006年08月24日

■ヨコハマ勝ち星紀行

横浜岡田監督が辞任!後任は水沼コーチ<ニッカン>
一夜明けたら岡ちゃんが辞任してました。後任は水沼かぁ。

【J1:第19節 横浜FM vs 大宮 レポート】
意思統一の欠如、繰り返した過ち…横浜FMの迷走は続く。
セカンドボール狙いが当たった大宮・・・見事なうっちゃり。 [ J's GOAL ]

「甲府戦、バロン決勝ゴール」って「バレー」でしょ。
セットプレーこぼれ球狙いは成功だったようです。

お待たせ!吉原 土壇場、劇的<埼玉新聞>
待ったぜ宏太。これからも頼みます。

J1 第19節 敵地グルメ
かき氷300円は高い。ジェフクラの試合があった秋津では100円でした。
さりげなく中澤のカードを紹介してるのがいい仕事です。

観戦記は続きを読むで。
 
8月23日 第19節 VS横浜F・マリノス 三ツ沢球技場 ○2-1

大宮の吉原宏太。

大宮
GK 荒谷弘樹 20
DF 波戸康弘 22
DF トニーニョ 4
DF 土屋征夫 17→78分 デビ純 6
DF 冨田大介 5
MF 斉藤雅人 15→89分 西村卓朗 18
MF 片岡洋介 19
MF 小林慶行 32→85分 平岡軍団長 13
MF 小林大悟 8
MF 久永辰徳 16
FW 吉原宏太 9

横浜FM
GK 榎本達也 1
DF 栗原勇蔵 30
DF 松田直樹 3
DF 河合竜二 35
MF 田中隼磨 7
MF 上野良治 6→80分 大島秀夫 15
MF マグロン 8→57分 坂田大輔 11
MF ドゥトラ 5
MF 山瀬功治 10
FW 久保竜彦 9
FW 吉田孝行 17→71分 平野孝 13

得点 26分 大宮 小林慶行
    87分 横浜 松田直樹(PK)
    89分 大宮 吉原宏太
   
クソ暑い中での連戦。皆様お疲れ様です。
マリノス戦は水曜日の三ツ沢で試合でした。やっぱ横国よりは三ツ沢がいいねぇ。
大宮のスタメンはヒロッシ出場停止、桜井様負傷により、宏太のワントップ。
マサがアンカーという苦肉の策でスタート。
基本的には逃げ切り用なので、やっぱ攻撃するのは難しそうでした。
それでも、マリノスが前半早々から閉塞感溢れるサッカーになってくれたため
守備は安定。攻められてるわりにはヤバイ感は薄かったです。
26分、久永が松田に倒されてファウルを貰い、FKのチャンス。
こぼれ球を慶行が左足ボレーで華麗に決めて先制。慶行移籍後初ゴール。
前半、ほとんどなかったチャンスをモノにして、してやったりの先制。
そして後半も同じような試合展開に。
片岡のパスから宏太が抜け出しかけた場面が惜しかった。
波戸さんが負傷し、卓朗が用意したが、波戸さん復帰。
バウルが看板に激突し、その後もプレーしたが、途中でデビ純と交代。
片岡がCBに下がる。さらに軍団長を投入し、逃げ切りを図る。
が、87分、冨田が久保を倒してPK。シャツ引っ張ってたらしい。
松田に決められて同点に。
既に逃げ切ろうとしてたので、ヤバイ、しかもロスタイム長いし、と思ったが
カウンターから最後はマサが粘ってCKを得る。
大悟のコーナーを軍団長が落としたところに走りこんだ吉原宏太。
左足のシュートはゴールに突き刺さり、狂喜乱舞のゴール。
その後は危なげなく逃げ切り、ギリギリながらもまたマリノスに勝利。
これで今年は2勝目だ。次は「神奈川最強」であるところの川崎戦。
等々力での借りを返したいと思います。

とりあえず思ったこと
・吉原宏太通算50ゴール&大宮移籍後初ゴール&決勝ゴールおめ!
 今日は厳しい仕事だったけど頑張った。競って、走って、最後に決めた。
 これからもよろしく頼む。今から10ゴールで。
・小林慶行大宮移籍後初ゴールおめでとう。ビューティフルでした。
・波戸さん意外と頑張った。怖いのもあったけど。
・トニさん跳ね返し続けた。最強すぎ。
・バウルが心配。倒れて最後は救急車で搬送でしたからねぇ。
・ジャスティス、カード10枚の大盤振る舞い。それでも退場者出なかったねぇ。
・上野よっちゃんの「勝てる気がしない、点も入る気がしない」ってコメント。
 まぁ実際そんな感じではあったんだけれども。
 勝つ気、点入れる気でやらないと勝てるもんも勝てないんじゃ。
 らしいっちゃらしいコメントなんだろうけど。
・FW1人わけてくれんかなぁ。
・「マリノスはおサセ」論を展開する人がいた。
・やはり三ツ沢はいい。来年も水曜でいいから三ツ沢でやってくれんかな。

 
スポンサーサイト

«吉原宏太、50ゴールおめ! | メイン | バウル負傷»

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL