2006年12月10日

■2006年最後の試合

ありがとう三浦監督

「終わりってのはいつもあっけないもんだ」(加瀬英二・京浜アスレチックス)

【第86回天皇杯5回戦 大宮 vs 磐田 レポート】
シュート1本で1ゴール! 唯一のチャンスを生かした磐田がベスト8に名乗り。
大宮・三浦監督のラストゲームは悔しい敗戦 [ J's GOAL ]

なんというミラクル。シュート1本で勝つほうがミウラオオミヤらしかったかも。
が、逆もまた真なり。とにかく三浦監督、お疲れ様でした。

【Jユースサハラカップ2006 決勝トーナメント準々決勝 プレビュー(1)】
長居第2で行われる2試合。第1試合は「町クラブ」の代表格・三菱養和が
念願のベスト4をかけ好調の大宮に挑む。
第2試合、鹿島は高円宮杯の準々決勝で敗れた名古屋にリベンジなるか。 [ J's GOAL ]

ユースの試合は今日。あの巣鴨の試合のリベンジリベンジ。

観戦記は続きを読むで。
12月9日 天皇杯5回戦 VSジュビロ磐田 ●0-1 ヤマハスタジアム

ミラクルな敗戦。

大宮
GK 荒谷弘樹 20
DF 波戸康広 22
DF 奥野誠一郎 2
DF 土屋征夫 17
DF 冨田大介 5
MF 片岡洋介 19→76分 吉原宏太 9
MF 小林慶行 32→67分 斉藤雅人 15
MF 小林大悟 8
MF 橋本早十 24
FW 藤本主税 11
FW 森田浩史 14→60分 久永辰徳 16

磐田
GK 佐藤洋平 21
DF 犬塚友輔 33
DF 鈴木秀人 2
DF 大井健太郎 4
DF 上田康太 27
MF 菊池直哉 8
MF ファブリシオ 25
MF 船谷圭祐 28→HT 西紀寛 11
MF 福西崇史 23→75分 服部年宏 6
FW 太田吉彰 17
FW 前田遼一 18

得点 56分 磐田 西紀寛

天皇杯5回戦は磐田戦。ナビスコ、リーグとあわせて5回目の対戦ですよ。
トニがいない大宮のDFラインには奥野駅長が復帰。FWは森田と主税のツートップ。
前半から大宮が攻める。大悟、早十のボレー惜しいボレー、ヒロッシのいつもの外しアリ。
磐田は何というか物凄いヒドさ。どれくらいかと言うとサイドチェンジがほとんどライン割るくらい。
これといったピンチもないまま、前半は終了。
後半。56分、こぼれたボールが途中出場の西の足元に。
そのままドリブルシュートで失点。あれ、向こうのシュート初?と思ってたんですが
まさかこのシュートが磐田の最初で最後のシュートだとは思いませんでしたよ。
大宮はその後ノートップ発動。しかしフィニッシュに持っていく形が出来ず。
最後もパワープレイ仕掛けようにも当てるとこがない、という感じで終了。
2006年最後の試合はシュート1本の相手に負けるというミラクルを発生させて終了でした。

とりあえず思ったこと
・三浦監督、お疲れ様でした。またいつか会いましょう。
 最後の試合はよくある策士策に溺れるパターンだったような。
・ヒサも報道通りならサヨナラです。またいつか会いましょう。
 寂しいなぁ…。いつかは来ると覚悟していたことですが。
・軍団長も最後のベンチ。またいつか会いましょう。 
・奥野駅長、久々にプレーしてるの見ました。元気だったねぇ。
 1回サイド上がったのがあったし。
・早十は左足オンリーなので、チャンスと思いきやあんまチャンスじゃない場面もあったり。
・主税とファブリシオの戦い。
・愛媛FCでプレーする福西を想像。あまりにもチームカラーと真逆だ。3年後くらいには。
・初めて磐田のバックスタンドへ。見やすい。
・東海道線の旅はもう飽きました。風景見ただけで、どこかわかるし。
・特に今回は御殿場線も乗っちゃったし、特に疲れました。 
・さて、今年の残りはのんびり近所の試合を見ます。 
・もしロバート監督に決まったら、「ロバート・オオミヤ」?
 スパロボに出てきたよなぁ、こんな名前の博士。
スポンサーサイト

«柴崎-エニウトン-ロバート-天皇杯 | メイン | アリソン帰国»

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL