2007年03月25日

■ホーム初勝利

ホーム初勝利

ホーム初勝利。ナビスコだけど。
グループ首位。ナビスコだけど。
この流れをいい流れのままにして、次はリーグ戦も勝ちましょう。

観戦記は続きを読むで。
 
3月25日 ナビスコ第2日 VS柏レイソル ○2-1 駒場スタジアム

ホーム初勝利。

大宮
GK 荒谷弘樹 1
DF 西村卓朗 18
DF 片岡洋介 6
DF 冨田大介 5
DF 波戸康広 4
MF 斉藤雅人 15
MF 小林慶行 32
MF 藤本主税 11
MF 橋本早十 17→79分 佐伯直哉 7
FW 小林大悟 8→36分 若林学 13
FW 吉原宏太 9→81分 エニウトン 10


GK 南雄太 21
DF 小林亮 2
DF 小林祐三 13
DF 古賀正紘 5
DF 石川直樹 26
MF 谷澤達也 28→67分 菅沼実 15
MF 大谷秀和 7
MF マルシオ アラウージョ 8→57分 永井俊太
MF 阿部吉朗 11
FW 鈴木達也 22
FW ドゥンビア 35→63分 岡山一成 32

得点 17分 大宮 吉原宏太
    60分 大宮 藤本主税
    72分 柏  古賀正紘

今日もナビスコ。この前試合やったばっかだと思うんですがナビスコ。
大宮のスタメンは初勝利を上げた水曜日の試合と同じ。
相手はまだ今シーズン負けていない柏。厳しい戦いが予想されました。
雨があがってどんよりとした空の下、キックオフ。
小林だらけのサッカー大会といった様相で、ピッチ上に小林は4人。
ついでに千葉マリンでは小林宏之が好投。小林雅英も投げました。関係ないですね。
さてさて17分。CKからの攻撃が続き、いつもは絶対入らない主税のミドルが
相手に当たってコースが変わり、そこにいたのが吉原宏太。
好調ならではのナイスポジションってとこでしょうか。これを決めて先制。
36分、大悟が若林と交代。ちょっと腰が痛いのか?大事にならないといいんですが。
そのまま前半終了。ドゥンビアドゥンビア。
後半。やや相手のペースになってきたかな、と思ったところでカウンター。
宏太はオフサイド、と思いきや誰もいない右に開いた主税へスルーパス。
相手GKとの1対1を冷静に決めて追加点。2点リードだよ。
その後は厳しかったぜ。柏のパス回しが早くなったような気がします。
さらにFWとして入った岡山が雰囲気を盛り上げる。CKから古賀に決められ1点差。
その後も柏の攻勢。ここで役に立ったのが途中から入ったエニウトン。
前線からのチェイスやボールキープなどで有効に時間を使って勝利に貢献。
なぜかロスタイムが4分もありましたが、逃げ切って勝利。
ホーム初勝利でナビスコは連勝。グループ首位だよ。
次はぜひリーグ戦初勝利を。1週間でいいトレーニングをしてください。

とりあえず思ったこと
・小林兄弟対決。小林両親もスタンドで見ていたそうです。
・大宮の選手全員が口にする、柏の強さ。いやホンマ強かったですよ。よく勝てたよ。
 主税なんて、ヒーローインタビューでも言ってたし。
・その主税キャプテン。1アシスト、1ゴール。ほっとした顔が印象的だ。
・吉原宏太、ついにホーム初ゴール。ナビスコだけど。次はリーグ戦で。今の調子ならいける。
・エニウトンもきっとやれるんだということが感じられた。もうちょっと待つぜ。
・岡山が出てくるだけで雰囲気が変わる。大宮にもいたことって忘れ去られてそうだ。
・ドゥンビア大好きだ。ワァオ。
・浦和駅に着いたら雨が降っていたので駅の隣のコンビニで傘買いました。
 バスに乗って競技場に着いたら止んでました。
 傘を使ったのは、コンビニからバス乗り場までの30秒間でした。
 オレが傘を買うと、雨が止むジンクス継続中。
スポンサーサイト

«小野田柏 | メイン | サーレス、私が変なおじさんです»

コメント


秋礼太(字これであってるのか?)並みの
ジンクスですな。>雨が止む
甚比須はシーズンHR4本中3本がガメッツ球場だったことがある。以上水島漫画からのエピソードでした。

コメント


甚久須ですね。
その年には火浦もガメッツ球場で打ってるぜ。

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL