2007年04月15日

■尾張よければ全てよし

主税はインタビュー中

【J1:第6節 大宮 vs 名古屋 レポート】
サーレスの1点を守りきった大宮がうれしい今季初勝利。名古屋はリーグ戦2連敗 [ J's GOAL ]

とにかく勝ったってことで。まずは一安心。でも次が大事です。
主税の涙。ここまで主将として苦労したもんねぇ。
この涙、次につなげましょう。

初勝利♪ <主税日記>
とにかくよかった。

~ アルディージャの誓い ~
かなり無茶な目標もありますが、言ったからにはやってもらいましょう。
「解散」(麒麟田村が中学生の時に父親に言われたとき風)とかじゃなくてよかった…。

観戦記は続きを読むでどうぞ。
 
4月14日 J1第6節 VS 名古屋グランパスエイト 駒場スタジアム ○1-0

リーグ戦初勝利。

大宮
GK 荒谷弘樹 1
DF 西村卓朗 18
DF レアンドロ 3
DF 冨田大介 5
DF 波戸康広 4
MF 斉藤雅人 15→68分 佐伯直哉 7
MF 小林慶行 32
MF 片岡洋介 6
FW 藤本主税 11
FW 橋本早十 17→89分 奥野誠一郎 2
FW サーレス 27→86分 エニウトン 10

名古屋
GK 櫛野亮 21
DF 大森征之 4
DF 竹内彬 30→HT 津田知宏 26
DF 増川隆洋 16
DF 阿部翔平 31→77分 須藤右介
MF 山口慶 13
MF 藤田俊哉 10
MF 金正友 8
FW 中村直志 7
FW ヨンセン 9
FW 杉本恵太 19→68分 吉村圭司 14

得点 26分 大宮 サーレス

とにかく勝った。欲しかった待望のリーグ戦初勝利。そんな試合でした。
なんでもいいから勝ちゃいいのよ、というわけにもいかないですが、まぁえぇことよ。
大宮のスタメンはサーレスのワントップにマサが復帰してアンカーに。
片岡、慶行が前に並ぶ形でしたが、もちろん慶行が前目の位置に。
気合の入った感じの大宮は頑張ってました。
前半26分。卓朗がスピードに乗って駆け上がり、主税へ。
主税が丁寧に上げたクロスにサーレスが打点の高いヘッドでねじこんで先制。
サーレスの移籍後初ゴールでリーグ戦では初の先制。今季、先制すれば負けてません。
とまぁそのジンクス通りなのかなんなのか、その後は名古屋の拙攻にも助けられたり
集中して守ってたりしながら最後までリードを守りきりリーグ戦初勝利。やたー。
そして最下位も脱出。まだまだー。大事なのは次。次勝てば2勝4敗1分、ほら普通の数字だ!
奥谷のおかげで次が大変なんだけどね…。

とりあえず思ったこと
・なんという泣き虫チーム。感情表現を豊かにするという目標通り。
・サーレスの初ゴール。お祖母さん亡くなってたのか。
・片岡があそこで決めてくれれば…。なんであんな丁寧にいくかなー。
 あまりのビッグチャンスにビビったみたいっすね。豪快に蹴り込むキャラなのに。
 その直後にもチャンスあったんだけどねー。
・レアンドロ退場。これで3試合連続の退場者。カードも多数。うーん。
 レアンドロの退場は確かに遅延行為だけど、2枚目という考慮をして欲しかった…。
 その前のプレーも考慮せいよ。ファウル見逃されて必死で戻ったのに。
 あそこで若干息を入れるってのは仕方ないと思うんだけども…。
・ついでに主税の異議でのイエローもなぁ…。次節出場停止だって。
・まぁ今日の奥谷はそういう問題じゃないけどな。
・走る慶行。
・久しぶりに見た気がする駅長。
・名古屋は選手交代のたびにいろいろ入れ替わって面白かった。
 これが今流行のポリバレントってやつですか。おじいちゃんお口くさーい。
 一時期の帝京高校みたいだ。三澤がエースの時の。
・そして奥谷。アウェイアドバンテージですかこれは?
 ファウルをとるのはいい。ただ基準をしっかりして欲しかったです。
スポンサーサイト

«寝てる蘭と起きてるコナン | メイン | プラウド新浦安にはロッテの外国人選手が住むに違いない»

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL