2007年04月22日

■工場のある風景

この風景はいい風景

フクアリのコンコースから見えるこの風景、いいですよね。
線路があるのが何とも言えずいい。

西船橋の駅の東西線とJRの間に連絡改札が出来てたのに驚きました。
PASMO導入したし、料金取りっぱぐれないようになんでしょうかね。
いったい今まで何人の人が「東西線で」と言ったのだろうか。
しかしJR側と私鉄側で違う駅になっちゃってたなぁ。

観戦記は続きを読むで。
 
4月21日 J1第7節 VS ジェフユナイテッド千葉 フクダ電子アリーナ ●0-1

いやー何というか。

大宮
GK 荒谷弘樹 1
DF 田中輝和 22→HT 佐伯直哉 7
DF 奥野誠一郎 2→68分 森田浩史 14
DF 冨田大介 5
DF 波戸康広 4
MF 斉藤雅人 15→81分 若林学 13
MF 小林慶行 32
MF 片岡洋介 6
FW 西村卓朗 18
FW 橋本早十 17
FW サーレス 27

千葉
GK 立石智紀 1
DF ジョルジェビッチ 40→84分 斎藤大輔 3
DF ストヤノフ 5
DF 水本裕貴 4
MF 水野晃樹 8
MF 下村東美 6
MF 佐藤勇人 7
MF 山岸智 16
MF 工藤浩平 20
MF 羽生直剛 22→89分 楽山孝志 23
FW 巻誠一郎 18→89分 青木孝太 29

得点 59分 千葉 工藤浩平

前節、やっとリーグ戦初勝利を記録したものの、今節は怪我人と出場停止で苦しい大宮。
主税、レアンドロを出場停止で欠き、大悟、吉原、エニウトンは怪我。
桜井はこういう時でも勘定に入らない伊藤智仁的な存在になったなぁ…。
輝和がリーグ戦初先発。右MFには卓朗が入ります。登録上はFWだ。
前半。ほぼフルボッコでした。最後の最後で粘ったり、運が良かったりで何とか無失点。
攻撃はしたっけ?早十のシュートがあったような気も。
後半。右サイドに佐伯を投入。とりあえず穴を塞ごうという感じ。
59分、カウンターから水野のシュート、荒谷弾く。やべーと思ってたら羽生がシュート、
これも荒谷触る、でも工藤に蹴り込まれて先制されました。
その後、ヒロッシが入ってからは大宮が攻める。
最後には若林も入れて188センチのスリートップで放り込め放り込めかーねもとー。
が、まぁなかなか上手く行くもんじゃなく、試合終了。
メンツ的に苦しい試合になることは予想できたけど、実際にそのまんまだとねぇ。
ズルズルと引き離されつつあるので、次は勝たないと。

とりあえず思ったこと
・最上段風強すぎでワラタ。後ろに何もないから物凄い風がずっと吹き付けてました。
 係の人が飛びそうになってたぜ。
・どさくさで1点取って逃げ切るしかなかったんだろうなぁ。その1点が遠く。
・サーレスもガッチリ抑えられてた。そりゃ警戒するわな。
・つかマサの退場って…。また退場者かよ。しかもベンチから。異次元のチームになってきた。
 ボールボーイの球出しに注意したからなの?スタンドからだとわからず。
 4試合連続退場者ってどんなチームだよ。いや大分戦の白井コーチも入れれば5試合だ。
・ジョルジェビッチは上手かった。
・山西主審の時点で負けフラグが。特別に悪いところはなかったですけど。
 もうジンクスですな。
・ノリさんにボコスカ打たれるのってヤクルツだけじゃん…。
スポンサーサイト

«プラウド新浦安にはロッテの外国人選手が住むに違いない | メイン | NACKようぐいす»

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL