2007年05月20日

■愛のスコール

トミダイ

この守備的な両チームの対戦が「セコム」デーだったのは何かの因縁か。
とにかく勝てて良かった。トミダイやったぜトミダイ。
トミダイヘッドは困ったときにチームを助けてくれるのさ。
出来れば毎試合困ってるので毎試合頼む。

豪雨にうたれた方は風邪など引かぬように気をつけましょう。
ヤバイと思ったら病院にいきましょう。
何となく大丈夫と思って無理してると肺炎とかになって入院しちゃいますぜ。

観戦記は続きを読むで。
 
5月19日 J1第12節 VS 横浜FC ○1-0 駒場スタジアム

雨上がりの夜空に。

大宮
GK 荒谷弘樹 1
DF 田中輝和 22
DF レアンドロ 3
DF 冨田大介 5
DF 斉藤雅人 15→89分 奥野誠一郎 2
MF 西村卓朗 18
MF 片岡洋介 6→80分 森田浩史 14
MF 小林慶行 32
MF 藤本主税 11
FW 吉原宏太 9
FW サーレス 27→56分 橋本早十 17

横浜FC
GK 菅野孝憲 21
DF 和田拓三 4
DF 早川知伸 2
DF 室井市衛 5
DF 中島崇典 27
MF 内田智也 10
MF 鄭容臺 13
MF 吉野智行 7→71分 根占真伍 24
MF 滝澤邦彦 12→85分 藪田光教 16
FW 難波宏明 19
FW 三浦知良 11→62分 平本一樹 25

得点 83分 大宮 冨田大介

掛け値なしのボトムズ対決。波戸さんの出場停止により、輝和が左サイドバックに。
これがもうなんちゅうか失敗でした。下げる、下げる、下げる。
自信なくて左足で蹴れない。主税に怒られる。頑張って左足でパス、がカットされる。
等々の悪い流れで、どうしようかと思ってしまいましたよ。次は卓朗と逆かな。
後半は無難。というかあんまりボール回ってこなかった。
試合開始から19分ごろ駒場上空に暗雲が。
まぁ降らないだろと思ってたわけで、まったく雨対策なしの私は野面でした。
強風で看板が倒れたと思ったら、突然の豪雨。しかも雹混じり。
試合は続いてるので、見ようと思いましたが、目が開けられないくらいでした。
近くの席にいた小さな女の子がビビったのか雨が痛かったのかで泣くくらいの雨。
試合も中断したのでここは一旦下に退避。川に落ちたくらいのズブ濡れ。
20分近い中断の後、試合再開。その後は攻めますが、点は入らず、前半終了。
後半も似たような展開に。ボールは持ってるもののフィニッシュにつながらず。
何とも下手な攻撃を繰り返すばかり。相手も似たようなものなので、ピンチはほぼナシ。
滝沢のボレーだけが危なかった。荒谷セーブ。
宏太のシュートはポストが嫌われたり、なんかゴール前をドリブルで横切ったりする出来事も。
そして迎えた83分、早十のコーナーキックをニアでトミダイ。
いつもは大外のトミダイがインコース強襲で見事なゴール。すばらしい。
その後は相手のロングボールを跳ね返し、カウンターを見せたりして試合終了。
なんとか勝って最下位脱出。じわじわっと上に行きたいぜ。
いや一気に上に行ってもいいんだけど。

とりあえず思ったこと
・最後に豪快に滑るトミダイ。高森さん必死のフォロー。
 ヒーローインタビューであそこまで滑ったのを始めて見た。
・いなくなってわかる波戸さんの能力。
・GKは声を出そう。今日も1つ危ない場面があった。
・危ないミスも多かった。気をつけておくんなまし。
・最近、駒場で試合やると天気が物凄く不安定な気がする。
 雨が尋常じゃないくらい降るのは何でだろうか。
・しかし豪雨すぎワロタ。笑いすぎて腹筋つるかと思った。
・J1昇格後、大宮に対して2番目に守ってきたチームでした。
 1位は去年の駒場でやったときの広島。
・お互いに攻撃下手、守備はそこそこ出来る対戦なので、こんな結果になるこたぁわかってました。
 ベタ引き合戦では負けられないぜ。まぁ今日は引いてないけどもね。
スポンサーサイト

«赫奕たる異端 | メイン | そのスピードで»

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL