2007年08月16日

■レアンドロまつり

試合が終わった後の気だる感は凄かったですね。暑かったし。

【J1:第20節 大宮 vs 神戸 レポート】
またも、得点直後の失点。大宮は神戸のカウンターに沈められる。 [ J's GOAL ]

やっぱ追加点はいるよなー。
しかし次はすぐ来る。しかもホーム。熊谷では何かが起こるぜ。

観戦記は続きを読むで。
 
8月15日 J1第20節 VSヴィッセル神戸 駒場スタジアム ●1-3

暑い。

大宮
GK 江角浩司 21
DF 田中輝和 22
DF レアンドロ 3
DF 冨田大介 5
DF 波戸康広 4
MF 片岡洋介 6→79分 佐伯直哉 7
MF 斉藤雅人 15
MF 小林大悟 8
FW 吉原宏太 9→64分 桜井直人 30
FW デニス マルケス 29
FW 藤本主税 11→74分 島田裕介 26

神戸
GK 榎本達也 1
DF 石櫃洋祐 25
DF 北本久仁衛 4
DF 河本裕之 5
DF 茂木弘人 11
MF 朴康造 7→71分 田中英雄 18
MF 酒井友之 44→80分 デビ純 20
MF ボッティ 10
MF 大久保嘉人 13
FW レアンドロ 9
FW 近藤祐介 19→67分 栗原圭介 8

得点 20分 大宮 吉原宏太
    30分 神戸 レアンドロ
    73分 神戸 レアンドロ
    88分 神戸 大久保嘉人(PK)
    
暑いったらないのがこの日の駒場で、試合開始時で34℃だったとか。
ナイターでも真夏日かよ。どんだけ暑いのよ。
神戸の方は「暑いなー、暑いなー」と言ってるうちに
ふと「アツはいないんだ…」と思い出して寂しくなったりしないんでしょうか。
さて、レアンドロが復帰した大宮のスタメンは慶行が停止で片岡がボランチに復帰。
試合開始。神戸のカウンターに苦しむ展開に。
それでもデニスマルケスを軸に攻撃を仕掛ける。やや主税が空回りかな、といった印象。
でデニマルの素晴らしいスルーパスから宏太がナイスゴールを決めて先制。
これはいい流れ、ガンガン行こうという気分になったんですが…。
その後はやっぱりカウンターに苦しみ、近藤やポストに助けられる展開に。
しかし10分後にCKからレアンドロに決められて追いつかれます。
んで後半に。似たような展開に。ひたすらカウンターに苦しめられる。
出足が鈍い、競り合いに弱い、セカンドボール拾えない、悪い部分全開。
それでも攻勢に出る時間帯もあって、CK折り返しの大悟のクロスから
ゴール前のレアンドロが超どフリーを叩きつけすぎて外すというミス。
あまりにフリーすぎてやっちゃいましたか。またも初ゴールのチャンスを逃す。
その後、バックパスに詰められ、波戸さんがボールを奪われてカウンター。
あの位置で取られたらどうしょもありません。外すのを祈りましたがまたレアンドロ。
最後はPKで終了。先制しといて3失点という無残な結果に終わってしまいました。
勝っておきたかったなぁ…。

とりあえず思ったこと
・レアンドロが外し、レアンドロに決められるなんという因縁。
・輝和とやりあうデビ純。この2人の対決がJ1で見られるとはねぇ…。
・今季初の生桜井。まだまだだな。
・島田登場。佐久間監督の采配はサポのツボをついてはいる。結果は出てないけど。
・ベンチ入りしてない選手が募金の募集してました。ペドロ ジュニオールに入れておきました。

スポンサーサイト

«そして神戸戦 | メイン | 訃報»

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL