2007年08月30日

■勝点1では足りない

でも0よりはマシということも承知しております。

【J1:第23節 大宮 vs 柏 レポート】
大宮の8月最後のホーム戦は、追いついてドロー。チーム状態は「半歩前進」か [ J's GOAL ]

大宮にもうひと踏ん張りを求めるのは酷なのだろうか。
どんどん踏ん張って欲しいもんですが。

観戦記は続きを読むで。
 
8月29日 J1第23節 VS 柏レイソル 駒場スタジアム △1-1

最後は耐えてのドローだが…。

大宮
GK 江角浩司 21
DF 西村卓朗 18
DF レアンドロ 3
DF 冨田大介 5
DF 波戸康広 4
MF 吉原宏太 9→74分 小林大悟 8
MF 小林慶行 32
MF 片岡洋介 6→67分 退場
MF 橋本早十 17→78分 平野孝 28
FW デニス マルケス 29
FW 森田浩史 14→69分 斉藤雅人 15


GK 南雄太 21
DF 蔵川洋平 23
DF 古賀正紘 5
DF 小林祐三 13
DF 石川直樹 26
MF 太田圭輔 39→48分 佐藤由紀彦 14
MF アルセウ 4
MF 山根巌 18
MF 谷澤達也 28→83分 ドゥンビア 35
FW 菅沼実 15
FW 李忠成 20→78分 北嶋秀朗 9

得点  柏 10分 李忠成
    大宮 30分 デニス マルケス
    
前節大敗の大宮はスタメン変更。輝和をベンチ外にして卓朗復帰。元の4バックに戻る。
4-4-2にして宏太を右に早十を左に。FWには森田浩史が登場。
見たのは前半20分過ぎくらいからなので失点シーンは見ておりません。
弾いたボールを李にボレーで叩き込まれたのかな?
見始めてからは大宮が頑張ってたように見えました。
繋いで後プッシュすればという場面もありました。早十かな。
30分。デニスのとんでもないシュートが決まって同点に。ありゃ凄いわ。
前半はその後もチャンスがありましたが、やっぱり2点目は入らずに終了。
後半も最初の方は一進一退といった感じでしたが、片岡が2枚連続でイエローを貰って退場に。
ここまで懸命にハイボールに競り、セカンドボールを拾っていた片岡が消えたことは影響大。
森田を削ってマサを入れるも、再び攻撃に転ずるには厳しく、防戦一方に。
相手の攻撃をなんとか凌いで、カウンターの時も攻めるのは3人だけ。
最後のパワープレーに耐え、ロスタイムの超ヤバイ場面も江角が防いでなんとか勝点1。
負けなかったのは良かったんだけど、なんだか難しい気分ではありました。
10人になっても攻勢に出ろ、と言うのは簡単なんだけど、やるのは難しいもんだし。
しかも相手は大宮じゃないし。攻勢に出てえらいことになる可能性も多々あるしなぁ。
それでも現状を考えたらやるしかないってのもあるからね。
シーズン序盤だったら文句もあまりなく、惜しかったで済むんだけど。
結局は結果を出すまでもっと頑張れと言うしかないか。

とりあえず思ったこと
・デニスのシュートはとにかく凄かった。
・片岡も退場以外は良かったと思う。まぁ退場したのが最悪なんですが。
・ヒロッシも自ら最後のチャンスと言うだけあって気合が入ってたよう。
 なんか次も使ってみてはいいんではないだろうか。
・平野さん350試合出場おめでとうございます。見せ場は1回くらい?
・今日のレアンドロはいいレアンドロ。
・卓朗だととりあえず粘ることは出来る。クロスは「アサッテの人」だったけど。
・そういや主審が微妙だったなぁ…。
 佐藤隆治って言うからGG佐藤の本名かと思ったがGGのほうは佐藤隆彦だった。
・初めて駒場のカテ3の1階のホーム側に座ったけど、2階とはまた雰囲気違うなぁ。
スポンサーサイト

«オギハギ漂流作家 | メイン | ジンクス継続中»

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL