2007年10月28日

■大雨の中、今季初連勝

【J1:第30節 横浜FC vs 大宮】レポート:強い風雨のなか、ロングボールの応酬になった一戦。
セカンドボールへの対応に勝る大宮が勝利 [ J's GOAL ]

いやー大変なコンディションの試合でした。
とにかく連勝したのが嬉しい。

観戦記は続きを読むで。
 
10月27日 J1第30節 VS 横浜FC 三ツ沢球技場 ○1-0

豪雨の中、今季初の連勝。

大宮
GK 江角浩司 21
DF 村山祐介 34
DF レアンドロ 3
DF 冨田大介 5
DF 波戸康広 4
MF 小林大悟 8
MF 小林慶行 32
MF 佐伯直哉 7→82分 片岡洋介 6
MF 藤本主税 11
FW 森田浩史 14→70分 斉藤雅人 15
FW デニス マルケス 29→89分 吉原宏太 9

横浜FC
GK 菅野孝憲 21
DF 山田卓也 32
DF 早川知伸 2
DF 秋葉陽一 22
DF 中島崇典 27
MF 山口素弘 6
MF 根占真伍 24→82分 内田智也 10
MF 滝澤邦彦 12→77分 西山貴永 34
MF カタタウ 35
MF 三浦淳宏 39
FW 三浦知良 11→65分 平本一樹 25

得点 39分 大宮 小林大悟

大雨に強風と最悪の試合環境。そしてピッチも水が沢山。
大宮のスタメンは佐伯が復帰、村山が残留という構え。
前半は風下。風が強すぎて、クリアが前に飛ばない。
ボールが以外に伸びてレアンドロの頭を超えていってしまい大ピンチなったり
横パスが水を含んだ芝で止まってしまいピンチになったり。
危なすぎるのでセーフティに蹴りだすこと多し。それは仕方ない。
横浜FCは吹っ切れたのか必死に来ていて、かなりヤバイ場面もありました。
それでも状況に慣れたのか30分過ぎからチャンスが。
抜け出したデニスのシュートは相手にかすってポストに当たって外れる。
それで得たCKの残りから村山がクロス。
このクロス、風で意外と伸びたのか相手DFがかぶってしまい、そこにはフリーの大悟。
GKを冷静に小さなループでかわしてゴール。待望の先制点。
見てきたように書いてますが、家帰って録画で確認したからわかるわけで
現地で見てたらなんだかよくわからないけど入ってたって感じです。
後半は風上でやっぱりロングボール。何度かチャンスがあるも上手く行かず。
相手が風下で上手くいかないのにも助けられきっちり逃げ切り。
今季初連勝で勝点30に到達。順位も15位で久々に下界の空気を吸えます。
次は天皇杯です。

とりあえず思ったこと
・大悟のゴールが嬉しい。冷静で上手かった。大悟あってのものだね。
・レアンドロのカードが痛すぎる。目の前で見てたけどイエローではないかなぁ。
 点差がついてればワザとイエロー貰って退場するという手もあったけども。
 天皇杯もあるので、どうするか決めたり試したりする時間はあるはある。
 でもレアンドロが1ヶ月くらい試合出なくなっちゃうんだよね。うーむ。
・村山は慣れてきたなぁ。村山CBという手もあるよね。
・カタタウ番の波戸さん。
・台風の影響、相手の状況もあり、なんだか妙な雰囲気でしたね。
 いきなり「坂本ヤメロ」で始まるとは思いませんでしたよ。
 
スポンサーサイト

«雨の三ツ沢になりそうだ | メイン | プレオープン»

コメント


土曜はぜったい濡れるって三ツ沢だったからなのね。テレビで見たけどすごかったね!
いっぽう私は日曜に7-0の負け試合を見てしまい、気分的に土砂降りでした。

コメント


大雨でエライこっちゃだったわ。
勝ったので気分は良かったです。

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL