2008年03月17日

■京の夢、Oh!サッカーの夢

少年少女合唱団と選手

【J1:第2節 京都 vs 大宮】レポート:
渡邉大剛の豪快弾が勝利を呼ぶ! 
西京極開幕戦は鮮やかな逆転劇で、京都が今季初白星!! [ J's GOAL ]

大宮樋口監督逆転負けに「悔しい」/J1<ニッカン>
吉原弾も大宮逆転負け…J1第2節<報知>
というわけで西京極で逆転負けでした。
ここは相性が良いとは言えないスタジアムですね。

京都戦 <主税日記>
負傷は大丈夫でしょうか…。次はナビスコなんで、まぁ。

まだまだです。<大吾の日記>
まだまだですよなぁ。

観戦記は続きを読むで。
 
3月16日 J1第2節 VS 京都サンガFC 西京極陸上競技場 ●1-2

今季初黒星で連勝ならず。

大宮
GK 江角浩司 21
DF 田中輝和 22
DF レアンドロ 3
DF 冨田大介 5
DF 波戸康広 4
MF 小林大悟 8
MF 小林慶行 32
MF 片岡洋介 6
MF 藤本主税 11→61分 内田智也 25
FW 吉原宏太 9→69分 土岐田洸平 28
FW ペドロ ジュニオール 13→
80分 デニス マルケス

京都
GK 平井直人 1
DF 平島崇 20→HT 徳重隆明 7
DF 増嶋竜也 24
DF 手島和希 5
DF 渡邉大剛 22
MF シジクレイ 3
MF 角田誠 26
MF 佐藤勇人 14
FW 中山博貴 15
FW 柳沢敦 13→89分 アタリバ 2
FW パウリーニョ 10→HT 田原豊 9

得点 16分 大宮 吉原宏太
    46分 京都 柳沢敦
    81分 京都 渡邉大剛

初アウェイは西京極。何度目かの昇格をしてきた京都が相手です。
大宮のスタメンは前節と同じ。まぁ変える必要はないかな。
前半。押され気味のスタートは前節と一緒。
しかし、プレスからの主税の中央突破から宏太で先制弾。
その後もペドロの突破など、何度かチャンスはありましたが、得点ならず。
実は、ここらへんが勝負の分かれ目だったのかもしれません。
相手の攻勢は枠の外へ。
後半開始すぐ。ハーフタイム終了ギリギリまで続いた少年少女合唱団の歌に惑わされたのか
簡単にクロスを上げさせてしまい、中でごちゃついたとこを柳沢。
これであっさりと振り出しに戻されてしまいます。
61分には主税が負傷でウッチーと交代。だんだんと厳しいことに。
相手のロングボールでラインは下がり、中盤は疲れてプレスがかからない。
攻撃はメタメタで繋ぎながらシジクレイに突っ込んでいくといってました。
ヤバイなーと思ったら、クリアしたセカンドボールへの寄せが甘く、
渡邉大剛に超ズドン。決めた方も凄いですが。
その後は攻勢に出られることもなく、そのまま終了。放り込むことも出来ませんでした。
そう簡単にはいかないと思い知らされましたね。覚悟はしてましたけど。
やっぱ後半開始早々の失点が悔やまれますな。
ナビ杯では戦術の浸透、他の選手ののお試しもやって貰いたいです。

とりあえず思ったこと
・西京極暑すぎだろう。
・久しぶりに暑いって感じだったのでバテたかなぁ。
・サンガドリンクは紫の味。
・お馴染みの椅子は今年もありました。

椅子
スポンサーサイト

«活動開始!過激アクション軍団 | メイン | 長いのか短いのか»

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL