2008年03月24日

■カチテンイチ、その2

【ヤマザキナビスコカップ 大宮 vs 横浜FM】レポート:
スコアレスドローながら、手ごたえを感じるサッカーで大宮が横浜FMの連勝を止めた。 [ J's GOAL ]

「いつ去年みたいになるかわからない」と慶行のコメント。
それはいつも誰しもの頭の中にあると思われます。
それを乗り越えてこそですね。

なんとなく似てる
・若林と島田が対戦している愛媛-草津戦を見る大宮サポの気持ちと
 藤井-坂元弥太郎のリレーを見たヤクルトファンの気持ち。
下関商の9回裏にホームランを打った選手2人の名前を見たときの大宮サポの気持ちと
 宇都宮線の宇都宮-矢板間の駅名を見ているときの大宮サポの気持ち。
 
観戦記は続きを読むで。
 
3月23日 ナビスコ第2節 VS 横浜F・マリノス NACK5スタジアム大宮 △0-0

お日柄もよく。

大宮
GK 江角浩司 21
DF 村山祐介 19
DF レアンドロ 3
DF 冨田大介 5
DF 波戸康広 4
MF 小林大悟 8→78分 内田智也 25
MF 小林慶行 32
MF 片岡洋介 6
MF 土岐田洸平 28
FW 吉原宏太 9
FW ペドロ ジュニオール 13→75分 デニス マルケス 10

横浜FM
GK 榎本哲也 1
DF 田中隼磨 7
DF 栗原勇蔵 4
DF 松田直樹 3
DF 田中裕介 26
MF 兵藤慎剛 17
MF 長谷川アーリアルイス・C.ティファニー庭園美術館前 29
MF ロペス 8→71分 水沼宏太 20
MF 清水範久 18
FW ロニー 9→88分 乾貴士 19
FW 坂田大輔 11→76分 大島秀夫 15

得点 なし

ナビスコ2試合目はホームでなぜかいつも負けないマリノス戦。
樋口監督にとっては古巣との対戦となります。
大宮のスタメンはリーグ戦時に戻ったと思いきや、輝和だけいなくなってました。
いい天気の中、試合開始。前半、何も起きず。
結構いいペースかな、と思ってたけど、横浜のペースになったり。
ロペス-ロニーのラインでヤバイとこが何度かあった。
ロニーさんのおかげで助かったり、トミダイが自作自演をしてみたり。
最後のCKを蹴らせてくれれば、入ったのになぁ…。いやそうでもねぇ。
後半。一番ヤバかったのが、レアンドロの頭でのバックパス。
これには大宮側全員が「ハッ」となったはず。
これで目が覚めたのか、これ以降のレアンドロは起きてました。
最大の好機は後半42分。左サイドをえぐったウッチーのクロスに
宏太がふわっとボレー。いい感じの弾道で入るかと思われたんですが
「カン、カン、スポッ」でした。
バーに当たり、ポストに当たり、榎本哲也に胸元にスポッ。
もう一度やれと言われても出来ない芸術的なシュートでした。
試合はそのまま引分け。負けなくてよかったのかな。
とはいえ、2試合終わって勝点2でグループ内3位。
今後は勝っていかないと、決勝トーナメント進出が見えてきません。
で、次はいつだっけと思ったら4月16日でした。
また忘れそうなころにやってくるもんだ。

とりあえず思ったこと
・慶行のコメントは身に染みるぜ。
・ムラチョでいいじゃん、と思ってしまう人が多数いたであろう。
・交代枠を1つ余してしまいました。タイミングを失ったかな。
 ヒロッシを入れても良かったかなとは思うけど。
 まぁ入れたら入れたでアレなんだろうけど。
・ロニーさんありがとう。
・ミーヤちゃんはドングリを持っていた。
・さっそくポイントラリーを忘れる。
・1万人越えたか。7500人くらいだろうと思ってましたが。
・なんかこう昔っから大宮チックな雰囲気漂う試合でしたね。
 ただ違うのは、相手がマリノスであり、10000人入ってるってとこで。 
スポンサーサイト

«カチテンイチ | メイン | 清水義之を知っていますか»

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL