2008年05月27日

■結果はレフトフライ

【ヤマザキナビスコカップ 大宮 vs 大分】レポート:
優位にゲームを進めながらも、攻め疲れした大宮がまさかの逆転負け。
数少ない決定機を逃さず勝利した大分は予選突破に大きな弾み。  [ J's GOAL ]

月曜日から4時間のクソ試合につき合わされていたため、日曜のことはすっかり過去に。
9回裏、1点差、ツーアウト満塁、バッター城石で私に出来る事は悟ることくらいでした。
でも悟りきれていないので、外野に飛んだときに一瞬期待しちまった。

2008/05/25<冨田大介 『GO FORWARD!』>
『私…甘いものを口にすると止まらないよ。』
なんだそれ(褒め言葉)。

観戦記は続きを読むで。
 
5月25日 ナビスコ第4節 VS大分トリニータ NACK5スタジアム大宮 ●1-2

あぁ。

大宮
GK 江角浩司 21
DF 田中輝和 22
DF レアンドロ 3
DF 冨田大介 5
DF 波戸康広 4
MF 小林大悟 8→85分 斉藤雅人 15
MF 小林慶行 32
MF 佐伯直哉 7
MF 藤本主税 11→74分 吉原宏太 9
FW デニス マルケス 10
FW 土岐田洸平 28→82分 森田浩史 14

大分
GK 下川誠吾 16
DF 深谷友基 4
DF 上本大海 22
DF 藤田義明 33
MF 小林亮 2
MF エジミウソン 5
MF 金崎夢生 8
MF 鈴木慎吾 11→87分 西山哲平 7
MF 根本裕一 17→89分 小林宏之 41
FW ウェズレイ 10
FW 松橋優 21→71分 前田俊介 19

得点 48分 大宮 デニス マルケス
     80分 大分 ウェズレイ
     89分 大分 して本大海

またしてもホームでしょっぱい試合をしてしまい、ナビスコとはほぼサヨナラ。
いくら数字上は可能性があるとは言っても、2位の中の2位に入るのに勝点8で足りるとは思えない。
さらに三ツ沢で負った大量の得失点差の借金も返さなくてはならない。
ただ、簡単に放り出すのもアレなので、チャレンジはしてみて欲しいですが
とりあえず普通にやっててはダメってことだけは確かです。
試合のほうは前半は非常に蒸し暑くなってきた中で、そんな感じの試合に。
ピンチもなければチャンスもねぇ。チャンスはちょっとあったか?
んで後半早々。佐伯さんが倒れたのを無駄にせず、デニスが抜け出してゴール。
そして2点目目指してゴーゴゴー。2点目取って試合終わらせるぞという展開に。
が、例に寄ってというか何と言うか、やっぱり2点目が入らず、疲弊する大宮。
徐々に押し込まれていき、80分にはついに同点に。
慌てて勝ち越しに向かうも、どうにもこうにも。
オマケでロスタイムにもオマケで失点。
そんな感じでほんまに最悪な試合展開でした。
デカイピンチはほんと失点のとこくらいだったんだけどなぁ。
まだまだ課題は多いっちゅうことですな。

とりあえず思ったこと
・樋口さんの選手交代の選択ミスも。本人もわかってるみたいなんだけど。
 どうも守りに入るとかそっち系が上手くいかない。
 僅差の勝ちパターンのリリーフがいないんだよねぇ。
・デニスは久々の抜け出し得点。これが決まってくると量産体制か。
 ボール持った瞬間に足ごといかれるのはなぁ…。
・大悟はキックだけはすこーし戻ってきたかなぁ。が、まだまだ絶不調。 
・テルは出られた意味を噛み締めよ。齧りついてでも簡単にクロスを上げさすな。
スポンサーサイト

«また雨か | メイン | 雨だぞ!熊谷»

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL