2008年07月28日

■大宮ローリングサンダー

90分待ち

【J1:第19節 大宮 vs 清水】レポート:
激しい雷雨後に行われたオレンジ対決は、カウンター合戦の末のスコアレスドロー [ J's GOAL ]

ホント待ち構えていたように降ったんだよねぇ。
NTT東日本の社長の挨拶が合図だったかのように。
あのオフサイドの後、危なかったなぁ。

大宮、3試合連続ノーゴール<サンスポ>
この雷なかなかですね。

加藤未央特集。
その1その2その3その4その5
大変な試合に来ちゃいましたね。お疲れ様でした。
ウチの近所の大学に通ってたんだよなぁ。

観戦記は続きを読むで。
 
7月27日 J1第19節 VS清水エスパルス NACK5スタジアム大宮 △0-0

雷雨。

大宮
GK 江角浩司 21
DF 村山祐介 19
DF レアンドロ 3
DF 片岡洋介 6
DF 波戸康広 4
MF 小林大悟 8→87分 橋本早十 17
MF 小林慶行 32
MF 佐伯直哉 7
MF 藤本主税 11→80分 ラフリッチ 16
FW 吉原宏太 9→59分 森田浩史 14
FW デニス マルケス 10

清水
GK 西部洋平 21
DF 市川大祐 25
DF 青山直晃 26
DF 高木和道 4
DF 岩下敬輔 5
MF マルコス パウロ 6
MF 伊東輝悦 7
MF 藤本淳吾 10→7分 兵動昭弘 13
MF 枝村匠馬 8
FW 矢島卓郎 9→56分 マルコス アウレリオ 18
FW 西澤明訓 20

得点 なし

雷雨のオマケの様な試合になってしまいましたね。
開始直前というタイミングから雷雨で90分も遅れたら、難しいのはわかります。
再開を待っている間も、「こりゃ0-0かな」なんて話してたんですが。
最大のピンチはポスト選手のカバーがあり、防ぐことが出来ました。
最大のチャンスはデニスがトラップミス。あぁなぜあそこで。
あと前半のミスミスオフサイドもありましたね。宏太さんそろそろ…。
いつも言う「ハードワーク」に関しては、球際の激しさとかについては頑張ってた。
ただ走るのはあんまり走ってなく、追い越しもなく、
大宮名物の低速カウンターばかりになってしまって残念。
5試合ぶりにやっとこ勝点1を獲得したわけですが、まぁ勝たないとね。
2週間の中断を生かして、問題点を改善して欲しいです。

とりあえず思ったこと
・デニス、最後のオーバーヘッドはきっちり捉えすぎてに正面に。
 あのトラップ失敗はなぁ。普段はもっとムチャクチャなの普通に止めてるのに。
・またオフサイドなラフリッチ。慣れの問題?
・あれを決めたヒロッシはヒロッシらしかったけど。
 最後の方、中盤にいたからなぁ。あれにはビビったぜ。
・何かが起こる、CB洋介。いきなりクリアを相手に当てて、西澤の前に球が転がったときには
 ビビりましたが、相手もビビってくれてセーフ。
・あそこで主税交代かぁ。なんか判で押したように主税替えられちゃうね。
・あそこで代打早十かぁ。大悟はほんとガンバレ。早十も運がないぜ。
・ピッチの水はけは良かったが、「屋根の下に入ってください」と言われても
 屋根が絶対的に少なすぎるので、なかなか難しい。
 最初は入れなかったけど、そこそこの人が帰って行ったのを見て、突入してみたら
 スペースが結構あって、満員電車と同じだと思った。
 あと、カテ3の階段の滝具合が凄いことになっていた。
・試合開始後は左に雷、右に花火という絵面になってました。
・そろそろホームで勝たないと、4ヶ月近くになるんですが…。
・あ、7月無勝で終わってしまった…。
スポンサーサイト

«今日は18時からでした。 | メイン | まつりのあととおくりびと»

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL