2008年11月24日

■もうちっとだけ続くんじゃ

【J1:第32節 新潟 vs 大宮】レポート:
激闘の末のドロー。
勝点2を失った新潟と、勝点1をもぎ取った大宮 [ J's GOAL ]

「ユニホームを脱ぐ行為は国際的な警告対象だ」。

テレビ観戦記は続きを読むで。
 
11月23日 J1第32節 VSアルビレックス新潟 △2-2 東北電力スタジアム

レアンドローVSアレッサンドロー。

大宮
GK 江角浩司 21
DF 塚本泰史 2
DF レアンドロ 3
DF 冨田大介 5
DF 波戸康広 4
MF 金澤慎 23→72分 吉原宏太 9
MF 小林大悟 8
MF 片岡洋介 6→60分 斉藤雅人 15
MF 内田智也 25
FW 藤本主税 11→20分 小林慶行 32
FW ラフリッチ 16

新潟
GK 北野貴之 1
DF 内田潤 17
DF 千代反田充 5
DF 永田充 6
DF 松尾直人 28
MF マルシオ レベル5デス 10→87分 寺川能人 16
MF 千葉和彦 3
MF 本間勲 15
MF 松下年宏 7→89分 海本慶治 19
FW アレッサンドロ 9→56分 退場
FW 矢野貴章 11

得点 35分 新潟 アレッサンドロ(PK)
    53分 大宮 小林慶行(PK)
    56分 新潟 アレッサンドロ
    88分 大宮 レアンドロ

残り3節となったJ1リーグ。いつのまにやら同勝点のアウェイ新潟戦。
試合前、レアンドロよイエローだけは貰ってくれるな、と思ってたら
35分に矢野を倒してしまいイエロー&PK献上。ある意味最悪な展開に。
後半。慶行のスルーパスから大悟が抜け出したところを倒されてPKゲット。
慶行がチップキックで真ん中に決めて同点。慶行、恐ろしい子…。
しかしその3分後、セットプレイからアレッサンドロにあっさり決められる。
が、アレッサンドロがアホなことにユニを脱ぐ。1枚目もらってるのに。
これで合わせ技で退場。ものすごいアホがいましたねぇ…。
その後は守ることに決めた新潟をこじ開けることに苦労しまくり。
まぁこういうのが下手なチームなわけですからねぇ…。
しかし88分、波戸さんがちょいカットインからクロス。
それをパワープレーで上がっていたレアンドロがヘッドで決めて同点。
ここでガクっときたであろう新潟をさらに沈める3点目と行きたかったとこですが
時間はほとんどなく、そのままドロー。
終わって他の試合を見てみれば、引き分けてなかったら大変なことになってる展開でした。
前節と一緒の足並みを揃えないと大変なことになっちゃってる展開。
まだまだJ史上最もハイレベルな残留争いは続きそうです。
自力残留があるんだし、京都にしっかり勝って、ビシっといきたいとこです。
レアンドロのいない穴は、誰か頼んだ。

とりあえず思ったこと
・いや慶行はやっぱすげぇわ。
・レアンドロは今シーズン最後の仕事終了。
 あのイエローは余計だったけど、相手が矢野だしなぁ…。
・しかしこのカードは退場者がよく出ますね。
 7割トニーニョの気もするが。
・寒そうだったなぁ。やっぱ秋春制はね…。
スポンサーサイト

«決戦!Xポイント | メイン | 親子ゲーム»

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL