2009年11月02日

■今年も天皇杯は早仕舞い

ドゥドゥさん

【第89回天皇杯3回戦 大宮 vs 仙台】レポート:
J2仙台相手に悔しい敗戦、大宮はACL出場権獲得という目標を逃した。(09.11.01)

5年の歳月は長く、今や「りゅん」とか言ってる人は1人もおらず、
「Gat it! 奥州いただいちまうか!!」と言ってる人ばかりの仙台でした。

今年も残留だけのシーズンになってしまいました。とりあえずそれだけは。なんとしても。
 
10月31日 天皇杯3回戦 VSベガルタ仙台 ●1-2 NACK5スタジアム大宮

実りなき秋。

大宮
GK 江角浩司 21
DF 土岐田洸平 25→112分 藤田祥史 13
DF 片岡洋介 6
DF マト 3
DF 冨田大介 5
MF 金澤慎 23
MF 橋本早十 17
MF ドゥドゥ 18→59分 パク ウオンジェ 14→104分 市川雅彦 27
MF 内田智也 7
FW 石原直樹 9
FW ラファエル 16

仙台
GK 林卓人 16
DF 菅井直樹 25→44分 田村直也 23
DF エリゼウ 6
DF 渡辺広大 3
DF 一柳夢吾 5
MF 富田晋伍 17
MF 千葉直樹 7
MF 関口訓充 11
MF 梁勇基 10
FW 中原貴之 9→59分 サーレス 19
FW 中島裕希 13→119分 マルセロ ソアレス 18

得点 27分 仙台 中島裕希
    37分 大宮 マト(PK)
    102分 仙台 梁勇基
    
いまさら振り返っても仕方ないことですが、一応振り返り。
大宮のスタメンは負傷の主税に代わってウッチー、そしてウォンジェに代わってドゥドゥ。
序盤の序盤、大宮が攻め込みます。なんだかあっさりゴール前に到達。
ドゥドゥは相変わらずだけど、それでもなかなかチャンスがありました。
ここでポンポンと点取っちゃえば、また違った展開になっていたのに。
そうこうしてるうちに、なかなかいい位置でFKを与えてしまい、跳ね返りを中島に決められて失点。
先に点取られたらキツイってことはわかってたのに、やられてしまいます。
それでも37分にウッチーが突っかけてPK。マトがあっさり決めて同点。
さらにドゥドゥの独走ドリブルなどで一気に勝ち越しかと思いきや
シュートはGK真正面でした。前半は同点で終了。
後半。開始直後はまだわりかしよかった。ドゥさんに決定機あり。
ゴール前でのパス交換に得点の匂いありけり。が、得点はないまま終息。
ドゥドゥさんも交代。ウォンジェが登場。
その後は相手が慣れて来たというのもあって、まぁ攻め手なしっていう状況に。
チャンスはカウンターのみというカウンター合戦に突入。
後半の最後の最後、いい位置での早十のFKから大外のマトがつないで
中央で、というのも枠外に。これで決めときゃいろいろ都合良かったのに。
というわけで大宮アルディージャとしては公式戦久しぶりの延長戦へ。
2005年12月29日以来ですね、多分。
102分にそこそこ危険な位置でファウルを与えてしまい、梁勇基に沈められます。
このFKは凄かった。仙台サポからすればいつものことなんでしょうけど。
洋介はこのファウルの判定に大層ご立腹だったようですね、試合後のあの感じだと。
その後も反撃むなしく、1-2で負け。マト大作戦は意味なく終わることが多すぎる。
またしても「いい試合が続かない」というのを露呈してしまう空虚な敗戦でした。
あぁ仙台に負けるとこんな気分だったよなーと思い出しました。

とりあえず思ったこと
・ドゥドゥさんを見て最も不思議に思うことは、Kリーグではどうやって点取ってたんだということ。
 いくら何でも得点王を取るくらいなんだから得意パターンありそうなもんだけど。
・勝ったときくらいはスタメンいじらない方がいいんじゃないかと思う。
 ケガや出場停止は仕方ないけどね。
・慎がなんか気の抜けたような感じだった。先週の気合はどこへ。
・ウッチーは奮闘していたが、決め手を欠く。
・エリゼウは面倒だったわ。
・中島ゴールおめ。二重の意味で。
スポンサーサイト

«久しぶりのベガルタ仙台戦だりゅん | メイン | 「農夫が仕事をしてないみたいですよ」「ストや、農夫」»

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL