2010年05月07日

■連休最終日

【J1:第10節 山形 vs 大宮】レポート:
拙攻のなかでも表れたコンセプト熟成度の差。PKの1点を守りきった山形が大宮を下す(10.05.06)

風間八宏の「日本サッカーを救う「超戦術」」という本を読んだのですが
その本に書いてある最近の選手(というか日本人)の悪い部分の典型が出ちゃったような試合でした。
淳監督のコメントにもありますが、大宮はパスを繋ごう!といったら繋ぐのが目的になってしまう…。
蹴って走ろう!と言ったら蹴って走るのが目的になってしまう…。
自分らの生活の中でもよくあることですけどねぇ…。
サッカーですのでしっかりと判断をして攻撃するということです。
一番いい状況はなんなのかと考えてプレーをするということです。

そのへんのところはまだ目的と手段がなかなかうまく選手には伝わってないかなという感じは今日は受けました
この部分をこれからどう浸透させていくか、淳監督と大宮の今後に期待です。

ワールドユースで一緒で、筑波大でも一緒だった風間八宏と鈴木淳監督は仲良いんですよね。
考え方も似ている部分があるんでしょうかね、と思わせるほど「この前読んだようなコメント」でした。
 
5月5日 J1第10節 VS モンテディオ山形 NDソフトスタジアム ●0-1

大宮
GK 北野貴之 1
DF 杉山新 32
DF 坪内秀介 14
DF マト 3
DF 村上和弘 26
MF 安英学 5→75分 青木拓矢 6
MF 金澤慎 23
MF 橋本早十 17→84分 ドゥドゥ 18
MF 金久保順 22
FW 石原直樹 9
FW 藤田祥史 13→62分 ラファエル 10

山形
GK 清水健太 1
DF 宮本卓也 14
DF 西河翔吾 4
DF 園田拓也 22→84分 石井秀典 3
DF 石川竜也 13
MF 北村知隆 11
MF 秋葉勝 19
MF 佐藤健太郎 17
MF 宮沢克行 7→61分 キム ビョンスク 16
FW 田代有三 10→86分 キム クナン 18
FW 古橋達弥 9

得点 63分 山形 古橋達弥(PK)

とりあえず思ったこと
・PKのシーンは慎が悪い。なぜあの場面であのプレイをしたのか。
 勝点が0になった責任は慎にあるといってもいいでしょう。
 そのキャプテンマークは伊達じゃないでしょ。
 というわけで次に期待します。
・ラファエルは元気そうでよかった。真の復活は次の試合か。
・ワオ、ドゥドゥ!
・しかし連休疲れを体現したような試合でしたな…。 

スポンサーサイト

«連休最終日は連戦最終日 | メイン | W杯に出る人»

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL