2010年07月19日

■水でもかぶって反省しなさい!

100717.jpg

【J1:第13節 大宮 vs 名古屋】レポート:
闘莉王(名古屋)の気迫あふれるワンプレーに撃沈、大宮はホーム再開初戦を飾れず。(10.07.18)

そろそろ頑張らないとやばいぜー。まだ半分終わってないけれどー。
来週こそなんとか。
 
7月17日 J1第13節 VS 名古屋グランパス ●0-1 NACK5スタジアム大宮

らしいっちゃらしいけどさ。

大宮
GK 北野貴之 1
DF 杉山新 32
DF 深谷友基 4
DF 坪内秀介 14
DF 村上和弘 26
MF 安英学 5→66分 金澤慎 23
MF 青木拓矢 6
MF 藤本主税 11→73分 ドゥドゥ 18
MF 鈴木規郎 24→83分 渡部大輔 30
FW 石原直樹 9
FW ラファエル 10

名古屋
GK 楢崎正剛 1
DF 田中隼磨 32
DF 田中マルクス闘莉王 4
DF 増川隆洋 5
DF 阿部翔平 6
MF 中村直志 7→90+2分 千代反田充 3
MF ダニルソン 20
MF ブルザノビッチ
FW 金崎夢生 25→69分 小川佳純 10
FW ケネディ 16
FW マギヌン 8→75分 玉田圭司 11

得点 76分 名古屋 ケネディ

この前再開したと思ったら、もう2戦目。本日は再開ホーム初戦です。
大宮のスタメンは水曜日から慎とヨンハ、市川と主税、そして早十と鈴木規郎がチェンジ。
鈴木規郎がさっそくスタメンで登場です。
名古屋は燃え尽きたとか言ってたかたが普通にスタメン。
外国人枠の有効活用っぷりが素晴らしい。
前半。開始間際こそ、中盤を捕まえ切れなくて、攻め込まれる場面も目立ちましたが
その後はうまく抑えられるようになり、カウンターにつながります。
まぁ相変わらずの迫力のないカウンターなんですけども。
ビッグチャンスは青木→規郎の飛び出しのシーン。惜しくも外れる。
やばかったのはゴール前での直志がどフリー、北野セーブの場面かな。
そうこうしてるうちにブルザノさんが2枚目で退場。相手は10人に。
「相手が10人→イヤな予感」というお約束を思い出した人も多かったかも。
後半。ボール持ちます、パス回します、崩せません、跳ね返されます、工夫が…。
工夫出来ないんだったら、愛嬌とド根性でもあればいいものを…。
終始この繰り返しのまま終わってしまった気がします。
しかもセットプレイの二次攻撃からトゥーリオさんアシストのケネディゴールという…。
とりあえず同点をということでドゥドゥさんから渡部へのパスで活路を見出す。
最後は何度か押し込みますが、ゴールを割るには至らず。
深谷の打つと見せかけて相手DFを1人交わしてシュートは入ったかと思ったら楢崎だった。
というわけで10人の相手に引き分けることすら出来ず、負けるという最悪の展開に。
13000人以上の観客の前で、またしてもズッコケてしまいましたとさ。

とりあえず思ったこと
・渡部大輔の意思に、よかった1つ。
・青木拓矢の成長に、よかった1つ。
・ドゥドゥさんは今日もパス出し。ふわりと通す。
・鈴木規郎は今後、期待できそうな動き。
・ジュニアチームの挨拶、よかったなー。有名にしてきてね!
・観客が多いと、酷い試合ばっかりだのう…。
 実はこれが適性を試すテストなのかもしれない…。
・水鉄砲を乱射するアルディとミーヤ。水はぬるかった。
スポンサーサイト

«みんな来い~ | メイン | ギュギュ~ッといっちゃうよ»

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL