2010年11月28日

■ホーム最終戦と引き分けと残留決定

101128_1.jpg
2010年の集合写真。

101128_2.jpg
にダッシュで参加する北野。

101128_3.jpg
寝てる。

【J1:第33節 大宮 vs 新潟】レポート:ホーム最終節、ドローながら大宮がJ1残留を決めた!(10.11.28)
今シーズンも残留決定。お疲れさまでした。
今年はいろいろありすぎて、ジェットコースター(主に急降下ばっかり)なシーズンでしたが
最後の7連戦は選手が踏ん張って、気持ち入った試合を見せて、1試合残して残留。
次節は今シーズンラストゲーム。とりあえず日産スタジアムに、あづまれ~(これから流行る)。
 
11月27日 J1第33節 VS アルビレックス新潟 △2-2 NACK5スタジアム大宮

残留。

大宮
GK 北野貴之 1
DF 杉山新 32
DF 深谷友基 4
DF 坪内秀介 14
DF 鈴木規郎 24→HT 村上和弘 26
MF 青木拓矢 6
MF 李浩 18
MF 藤本主税 11→HT 金久保順 22
MF 渡部大輔 30
FW 市川雅彦 19→56分 石原直樹 9
FW ラファエル 10

新潟
GK メトロポリタン口順昭 21
DF 三門雄大 14
DF 千葉和彦 3
DF 永田充 6
DF 酒井高徳 24
MF 小林慶行 32→91分 ジョン パウロ 7
MF 本間勲 15
MF マルシオ リシャルデガンス 10
MF ミシェウ 8
FW 大島秀夫 16→86分 曹永哲 9
FW 田中亜土夢 23→65分 小暮郁哉 13

得点 19分 大宮 ラファエル
    29分 新潟 三門雄大
    39分 新潟 マルシオ リシャルデガンス
    64分 大宮 深谷友基

いろんなことがありすぎた2010年もいよいよホーム最終戦です。
ホーム最終戦まで残留を引っ張ってしまいました。
が、今季はよく考えたらヒドイスタートだったわけで、よく回復したものです。
8節までで勝点5、だったわけですからね。
スタメンは坪内が復帰。渡部が引き続きスタメン。ツートップの一角は市川。
直樹はジョーカーとしてベンチに置いておく、と。
試合前に神戸が勝ったのを知っていたはずなのに、なんだか緊張感があまりなく。
ポロポロとミスを連発。特に後ろのほうが危ない危ない。
それでも先制。相手PA付近で渡部がボール受ける、相手DFはファウルだと思ったらしく
一瞬動きが止まるけど、ファウルではなく、渡部がラファへパス。
それをラファが決めて、大宮が先制。さすがにエース。
そっからの流れは悪かったですね。相手のパスに振り回されまくり。
そのうちオフサイドじゃね?と思ったら失点。
さらに10分後には入ってる?という失点。雰囲気で入ってない感じにして欲しいもんです。
あらあらのうちに逆転されて、なんかグダグダのまま前半終了。
後半開始から主税とちょっと傷んだっぽい規郎に代えて、カムさんと金久保を投入。
しかし、それでも守備はよくなっても、どうにも攻撃の雰囲気は上がっていかず
サポーターが石原の投入を待っている雰囲気がアリアリと。
耐え切れずに10分後には直樹投入。早くも3枚のカードを切った。
んで64分。セットプレーの流れから、深谷が中盤でボールをカット。
その後、金久保から渡部へボールが渡ったときには、深谷はゴール前にいた。
渡部のクロスを深谷がヘッドでゴールへ。今季6点目の同点ゴール。
そのうちここ8試合で5点。オウンゴール入れたら6点。
その後も直樹からラファ、DF外してシュートも外す、などの場面も。
最後はなんだか緊張感のないまま試合終了のホイッスルが鳴り、引き分け。
というわけで残留決定。今年も自力で残留を決めました。
いろんなことがありすぎて、ホント大変なシーズンだったとは思いますが
選手はよく頑張ったと思います。ホームで最後勝てなかったのは残念ですが。
今シーズンはまだ終わってないわけで、最後の試合、勝って終わりたいとこです。
このメンバーで試合するのも、最後ですから。
相手の雰囲気はよくなさそうですが…。

とりあえず思ったこと
・深谷のゴールは熱くなりましたね。いい顔してんだ。
・大ちゃんはいつゴールしますか。でも2アシスト。
・チョンスさんの不在は大きかったね。
・浩は奪うとこ以外がダメダメ。
・青木はなんとか流れ変えようとがんばってはいた。
・しかし疲れた7連戦でしたね。やっと中1週で…。
・セレモニーでの主税のいつもの挨拶。何度目の天丼だよ、という感じに。
・ホームももう終わりかー。今年はなんとか全部行きました。
スポンサーサイト

«2人の選手の引退 | メイン | メダリストの加入»

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL