2011年07月12日

■逆転、まではよかったんだけど。

110710_2.jpg

110710.jpg

【J1:第3節 大宮 vs G大阪】レポート:
ポゼッションの老舗と発展途上チームの対決は、ともにリードしてからの拙攻で逆転を許し、
最後はガンバが試合巧者ぶりを見せての勝利。(11.07.11)

途中まではよかった。
 
7月10日 J1第3節 VS ガンバ大阪 ●2-3 NACK5スタジアム大宮

殴り合ってみた。

大宮
GK 北野貴之 1
DF 渡部大輔 30
DF 坪内秀介 14
DF 金英權 20
DF 村上和弘 26→80分 深谷友基 4
MF 金澤慎 23→78分 藤本主税 11
MF 上田康太 17
MF 東慶悟 8
MF 青木拓矢 6
FW ラファエル 10
FW 石原直樹 9→65分 李天秀 7

G大阪
GK 藤ヶ谷陽介 1
DF 加地亮 21
DF 中澤聡太 2
DF 山口智 5
DF 下平匠 6
MF 遠藤保仁 7
MF 武井択也 23
MF 二川孝広 10→66分 佐々木勇人 6
MF 宇佐美貴史 11→81分 高木和道 4
FW 平井将生 14→HT キム スンヨン 13
FW イ グノ 22

得点
05分 G大阪 イ グノ
45分 大宮 石原直樹
59分 大宮 石原直樹
75分 G大阪 中澤聡太
77分 G大阪 キム スンヨン

というわけでまたしてもホームで負けてしまいました。逆転したのに再逆転されるというパンチ効いた負け方。
あげて↑落とす↓というなかなか味なことをしてくれます。大宮にはあまりないパターンなので効いた方も多そう。
まぁ普段あんまり逆転しないからなわけですが。
というわけで、チョンスさんがスタメン落ち。直樹が引き続きスタメンで、慎が復帰という布陣。
試合前に散水し、おうおうやる気だなという感じでスタート。
したものの、5分で失点。ヨングォンのパスミスからピンチを招き、あっさりと。
その後はガンバの試合の掴み方がよくなかったのもあってか、チャンスも少し。
前半終了間際には直樹の左足のゴールが突き刺さって同点に。盛り上がって後半へ。
59分、最大の盛り上がりが。上田のここしかないクロスに直樹が飛び込んで逆転!
今季最高潮と言っていい盛り上がりを見せるスタジアム。
さらに!と行きたいとこだったんですが、好事魔多し。
65分、石原直樹が負傷し、担架で退場。捻挫で三週間でした。もっと長いかと思ったけども。
ここでチョンスさん登場。が、チーム全体がなんかもうガックリきちゃったみたいに。
前からの守備もなくなって、競る人もなくなって、一気に逆転されてしまいます。
その後の反撃はもうガックリという感じで萎んだまま試合終了。また負けてしまいました。

とりあえず思ったこと
・石原直樹に尽きる試合でした。溜まっていたであろうフラストレーションを爆発させる2ゴール。
 どちらも凄いゴールでしたね。直樹らしい。
 守備でも遠藤をイラつかせること何度も。ファウルの時にボールを持って邪魔して、遠藤にどつかれてましたね。
 それだけに負傷が残念です。全治三週間と思ったよりは軽かったのは幸いです。帰ってくるのを待つ。
・その間、他の人達も頑張ってください。
スポンサーサイト

«8年遅いんだよ! | メイン | アウェイ無敗記録が止まった。次はホーム無勝記録が止まる予定。»

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL