2011年08月29日

■まず1勝

110827_1.jpg

110827_2.jpg

110827_4.jpg

110827_3.jpg


【J1:第24節 大宮 vs 磐田】レポート:大宮、磐田を相手に失点0で今季ホーム初勝利。(11.08.28)
まずは1勝。めざせ5勝。

8月27日 J1第24節 VS ジュビロ磐田 NACK5スタジアム大宮 ○2-0

まず1勝。

大宮
GK 北野貴之 1
DF 渡部大輔 30
DF 深谷友基 4
DF 片岡洋介 34
DF 金英權 20→84分 村上和弘 26
MF 青木拓矢 6
MF 上田康太 17→83分 金澤慎 23
MF 東慶悟 8
FW 渡邉大剛 13
FW ラファエル 10
FW ホドリゴ・ピンパォン 37→65分 石原直樹 9

磐田
GK 川口能活 1
DF 駒野友一 5
DF 加賀健一 2
DF 藤田義明 33
DF 那須大亮 6→77分 西紀寛 11
MF 小林裕紀 22
MF ロドリゴ ソウト 49
MF 山本康裕 23→70分 ジウシーニョ 8
MF 山田大記 10
FW 山崎亮平 23→64分 山本脩斗 20
FW 金園英学 17

得点 72分 大宮 東慶悟
    76分 大宮 渡邉大剛

やっとNACK5スタジアム大宮で勝ちました。いやぁ久しぶりすぎてもう。
去年の9/11以来ですから、危うく1年過ぎるとこでした。
というか、この試合を逃したら1年過ぎること確定でしたね。
チョンスさんが全治6週間ということで、大剛がスタメン。
ヨングォンと大剛が左サイドで縦に並んで、駒野封じの構え。
前半。磐田ペース。なかなかに押し込まれますが、決定的シーンはあまりなかった。
大宮のチャンスも単発で。大ちゃんの頭でのパスをピンパォンがパォンパォンと
ボールを処理して、ドーンと打ったのは枠上。
ラファのクロスをピンパォンがヘッドも枠外。惜しい。
後半。少しづつペースを握りたいところだが、ジリジリと。
大剛が前半のミスの多さを取り戻すべく、積極的に走りだしたような。
裏へ抜けだしての折り返しは誰にもあわず。
いよいよ直樹投入でスイッチオンかと思ってたところで投入。
先制は27分。康太のパスをラファが落としたところに東。
見事な切り替えしで2人をかわしてゴール右へズドン。ドヤッ。
東のゴールで先制。と同時に、「今度こそ、ここから!」という感じが。
選手たちも同様のようで、変に構えた感じはなかった。
そうすると追加点が。直樹のパスを大剛が振り抜くとグワっとゴール右へ。
2点リード。それでも緩めないで、カウンターを伺いつつ。
ラファエルが根性で走り、そして左サイドバック兼FWと化していた直樹も頑張った。
ロスタイム4分を越え、タイムアップ。ひっさびさに大宮で勝ちました。
疲れましたね。NACK5ではリードしてロスタイム迎えるのすら久々だったんで。
最後の方の盛り上がり、勝った後の盛り上がりは凄かった。
まずは1勝。中断の後、しっかりと進んでいって欲しいと思います。

とりあえず思ったこと
・東が三賞独占。見事な切り替えしでした。
・大剛もナイスゴール。飛んでましたね。
・ラファ頑張ってた。いい仕事。
・直樹スイッチ。これ流行る。仮面ライダーフォーゼも来週からだし。
 最後はヒダリサイドバックも担当してましたね。
・北野、深谷、洋介の同級生トライアングルによる完封。
・ヨングォンのサイド。ふむむ。最後のほう疲れてたのでカムさん投入。
・2点目にゆりかごダンス。忘れ続けてたに違いない。
・ロドリゴソウトが邪魔だったー。止められたわぁ。
・結局、道端何ジェリカだかはわかんなかったんだけども、いたらしいです。
 メガホン首から提げてたから、サポじゃなくてなんかの撮影なんだろうなぁ。しかしなぜ大宮。
スポンサーサイト

«5連続ドロー | メイン | 鉄砲駆けはしない»

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL