2012年03月21日

■春・分・引・分

【ヤマザキナビスコカップ 大宮 vs 横浜FM】レポート:
天は自ら助くる者を助く。劣勢にもがき続けた横浜FMが、勝ち試合のムードに浸った大宮から勝点2を削る(12.03.21)

一方の大宮も、監督も選手も口々に語るように「チャンスに決めていれば勝てた」のは確かだが、なぜ数多くのチャンスをモノにできなかったのか、そもそも点を取ることに執着できていたのか、そこを見つめ直すべきだろう。その根本のところが、毎年の残留争いから抜け出せない理由である気がしてならない。

この前宙を見せたカルリーニョスが泣く展開にはしたくなかった。その涙を無駄にしないよう。

弥生ちゃんの写真で和もう。
メガネのエリお姉さんの写真はないんですかねぇ?(強要)。 
3月20日 ヤマザキナビスコカップ予選Bグループ VS 横浜F・マリノス △1-1 NACK5スタジアム大宮

ヤマトナビスコ。

大宮
GK 北野貴之 1
DF 村上和弘 26
DF 深谷友基 4
DF キム ヨングォン 20
DF 下平匠 22
MF 渡邉大剛 13→86分 橋本早十 18
MF 青木拓矢 6
MF カルリーニョス 5
MF チョ ヨンチョル 9→78分 金澤慎 23
MF 金久保順 16
FW ラファエル 10→78分 長谷川悠 32

横浜FM
GK 飯倉大樹 21
DF 小林祐三 13
DF 栗原勇蔵 4
DF 中澤佑二 22
DF 比嘉祐介 16
MF 中村俊輔 25
MF 谷口博之 29
MF 兵藤慎剛 7
MF 狩野健太 14→HT 松本怜 7→81分 富澤清太郎 27
FW 齋藤学 11
FW 大黒将志 9→HT 小野裕二 10

得点 15分 大宮 カルリーニョス
    84分 横浜FM 齋藤学

中2日でのカップ戦という微妙な空気の中、大宮のスタメンは若干の変化が。
菊地と東がお休みで、CBには深谷、MFには金久保順がスタメン。
もっと大幅な変更も予想されましたが、まだシーズン序盤ということで
連携を深める意味でもあまり変更しなかったのでしょうか?東は疲れてたのでチェンジと。
陣地チェンジの影響も少しはあったのか、前半から大宮ペースでした。
カルリーニョスが抜群で、カルパスから何度もチャンスが。
点を取ったのもカルリーニョスで長いでサイドに流れたのラファへ。
ラファのクロスが跳ね返されたところにカルリーニョスがズドン。
「あ、入る」と思ったシュートが入ったのが久々でした。
さらに側転から前宙という。そんなことも出来たのか!
その後はチャンスを作っては外し続け、2点目は取れない状態に。
北野のコメント通り「普通に攻撃して、普通にシュートして、普通に外して、
また普通にディフェンスして……という感じで」、という試合になってしまいました。
大ちゃんは大ちゃんで大ちゃんスを外すというおなじみの光景。
危なかった場面は北野バレーボール倶楽部のところくらいで、深谷が掻きだしてセーフ。
後半。似たようなペースで試合は続きまして。
最高のチャンスはヨンチョルが抜けだした場面で完全に1vs1になったんですけどねぇ。
これ外しましたね。「ヨンチョル、はずしすぎぃ」なんて感じに。
選手交代もして、あとは閉めたい感じだったわけですが。
84分にころっと入れられて、あれはさすがに狙ってないよね?なカンポコンファサで同点に。
ここからもう1点という気力はなく、ドローで終わってしまったのでした。
なんだ、ホームだからか?
次はアウェイのリーグ戦なのでよろしくお願いします。

とりあえず思ったこと
・カルリーニョス凄い。毎回言ってますが。ボール持つと3人くらいくるので、それを活かしたい。
 ゴール決めた後のパフォーマンスも圧巻でしたが、選手で喜んだ後、ベンチに握手を求めに行く姿も◎。
 ぐう聖すぎんよー。
・ラファは40%くらいにまでは復調かなぁ。途中からやや重そうでしたね。
・ヨンチョル、次は決めてね。攻撃の選手には次があるんだぜ。
・大ちゃんに対するおかえり感。あのシュート含めて。
・青木がんばっていたので今後ともですな。
・エリお姉さんメガネ。
スポンサーサイト

«敵・地・勝・利 | メイン | 杜・都・大・敗»

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL