2012年04月02日

■春・嵐・再・起

120401.jpg

【J1:第4節 大宮 vs 名古屋】レポート:
NACK5スタジアム大宮を強襲した春の嵐。荒れ狂う雨と風の中、激闘は痛み分けのドロー。(12.04.01)

荒れ狂いましたなぁ。
試合後のこのお2人がどうなったかも追跡写真欲しかったです。
 
3月31日 J1第4節 VS 名古屋グランパス △1-1 NACK5スタジアム大宮

春の嵐。

大宮
GK 北野貴之 1
DF 渡部大輔 30
DF 菊地光将 2
DF キム ヨングォン 20
DF 下平匠 22
MF 青木拓矢 6
MF カルリーニョス 5
MF 上田康太 7→84分 長谷川悠 32
MF 金久保順 16→45+3分 深谷友基 4
MF チョヨンチョル 9
FW ラファエル 10

名古屋
GK 楢崎正剛 1
DF たなかはゆま 32
DF ムルザニさん 4
DF 増川隆洋 5
DF 失点映像にこの人あり 6
MF 藤本淳吾 8→73分 小川佳純 10
MF ダニルソン 20
MF 玉田圭司 11
FW ムゥ 25→83分 磯村亮太 13
FW ケネディ 16
FW 永井謙佑 18→45分 ダニエル 22

得点 48分 名古屋 ダニルソン
    55分 大宮 金久保順

行った方はお疲れさまでした、と言うしか内容な天候でしたね。
前半から強風に悩まされてましたが、後半、名古屋が先制したあたりから大粒の雨が。
当たると痛いくらいの雨粒が横殴りに飛んできて、かなりしんどい環境だったと思われます。
試合が止まらないレベルとしてはかなりのもの。視界が悪い悪い。
そんな中で同点に追いつき、その後は名古屋の攻撃をなんとか凌いで引き分けたのは大きかったかと。
最後は完全にやられたと思っただけに、助かりました。
大宮の最大のチャンスは前半終了間際にラファエルが楢崎をかわして、ゴール前の青木に。
が、これをおもいっきり外して頭を抱える。これ外したらどれ入れられるんだよという場面でした。
ただ、その直前に体勢を崩していたし、DFは前にいたしで、思ったよりは難しい場面だったのかなと。
それでも決めてほしい場面ではありましたが。なぁ、青木?
最終的にはホームで名古屋とドローということで、悪くなかった結果では。
負けまくってましたからねぇ。多分名古屋サポも先制した時点で勝つと思ってたと思う。
「勝てそうだった」といえばそれまでだけど、それを全部勝てるほど強くはないので…。
次は完全に忘れていた平日のアウェイ鹿島です。

とりあえず思ったこと
・北野が神がかったセーブを連発。やっぱ北野はあぁじゃないと。
・金久保順同点ゴール。いやもう継続して使おう(提案)。
・カルリーニョス復活。トップ下で先発でしたが、病み上がりのコンディション以外は問題なし。
・ラファエルはもう少しかかりそうですね。
・長谷川悠に謝る用意は出来ている。早く!
・ケネディはもう顔も見るのが嫌なほど菊地が嫌いらしく(過去にいろいろやってるらしい)、
 顔が寄ってくるのを嫌がっていましたね。
スポンサーサイト

«杜・都・大・敗 | メイン | ツミレ汁飲み行こー!»

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL