2012年04月16日

■ひぐち分けたー

【J1:第6節 横浜FM vs 大宮】レポート:
横浜FMのWボランチ、大宮のラファエルが各々いい仕事をするもドロー決着(12.04.15)

引き分けでした。雨の中、調子悪いもん同士のバッタバタな試合。
記録より記憶に残ると思われます。 
 
4月14日 J1第6節 VS 横浜F・マリノス △1-1 ニッパツ三ツ沢球技場

雨の中で追いついたは追いついた。

大宮
GK 北野貴之 1
DF 坪内秀介 14→77分 長谷川悠 32
DF 菊地光将 2
DF キム ヨングォン 20
DF 下平匠 22
MF 青木拓矢 6
MF カルリーニョス 5
MF 渡邉大剛 13
MF チョヨンチョル 9
MF 金久保順 16→84分 渡部大輔 30
FW ラファエル 10

横浜FM
GK 飯倉大樹 21
DF 小林祐三 13
DF 栗原勇蔵 4
DF 中澤佑二 22
DF ドゥトラ 5
MF 富澤清太郎 27
MF 中町公祐 8
MF 中村俊輔 25
MF 兵藤慎剛 7→86分 松本翔 23
FW 小野裕二 10
FW 大黒将志 9

得点 53分 横浜FM 小野裕二
    82分 大宮 長谷川悠

土曜日恒例となっている悪天候。金土日で土曜だけ雨で寒いってどういうことなの?
というわけで花見の予定が順延になってしまったので、三ツ沢へ行って参りました。
三ツ沢の時に限ってこんな雨。さすがにこんな日は日産が…とか思っちゃいました。
スタメンにはツボちゃんが。右SBでスタメンであります。
お互いに調子悪いもん同士の試合であり、さらに雨もよく降っていたためか、バッタバタの展開。
ボールが収まるということもなく、終始あっちゃこっちゃに転がりまくり。
たまに突発的に起こるチャンスもお互い最後は外すという展開で、あっという間に前半終了。
とはいえ初っ端の俊さんのFKの場面は危ないとこでした。危ない危ない。
後半。定期便が届きます。53分に小野裕二の見事なミドルが決まって失点。
これでリーグ戦では後半立ち上がりの時間に3試合連続で失点。
何か大きな欠陥がある気がします。
そういやいつだったか3試合くらい連続で試合開始早々に失点してたことあった思い出。
なんとか追いつこうといろいろやってみますが、なかなか上手く行かず。
ただ相変わらずお互いにバタバタしてたので、決定的ではないものの一応のチャンスはありましたが
結構な本数あったCKも手を変え品を変えいろいろ試してみたものの、ハマるものはなし。
ゴールやや正面のFKも一発狙いでヨングォンが蹴ったら、まぁ外す、と。
それでも長谷川悠を投入してツートップにしたら5分後に得点が。
下平のクロスをラファエルが落として長谷川悠。ついにゴールを決めて同点に。
AT寸前だったかには長谷川が粘ったとこからクロス最後はカルリーニョスのヘッドというとこでしたが
これはドゥトラにクリアされてしまいまして同点まで。
勝てた、かもしれませんが、まぁ負けないで良かったとも。あのまま終わりかと思っちゃいましたし。
向こうも今日勝たなんだらいつ勝つんだと思ってただろうなぁ。
次はダービー。悪い時のアウェイのダービーは何かが起こる予感がするんですが、ホームのはなぁ。
そのまま流される予感がしないでもないですが、今年こそ。
左胸の勇気で頑張っていただきたい。

とりあえず思ったこと
・長谷川悠同点ゴール。とりあえず謝る。もう1点決めてくれたら土下座する用意もありました。
・ツボちゃん。かわいくボールを避けるシーンもあり、全体的に◯。次節もスタメンか。
・ラファエルやや復調かな。だんだんコンディションが上がってきたということか。
・カルリーニョスは失う場面多かったかも知れない。
・とりあえずキッカーはいっぱいいるということは武器ではある。
・カード余らせることにお怒りの方も多いかも。ただ切るカードをなかなか難しい。
 と思ったら向こうは2枚余らせてました。
・樋口くん、大宮の時ってどうだったっけと思い返してみたら、普通に使い切ってました。
 当時は切るといいことありそうなカードが意外といっぱいあった模様。
・俊さんのとこで止まる。
・雨の中デジカメ持っていったのに、SDカード入ってませんでした。ただの大荷物に。
スポンサーサイト

«大敗桜に怒号の嵐 | メイン | 目には青葉 山ホトトギス 初勝利»

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL