2012年10月11日

■終わりじゃないよ

【J1:第28節 名古屋 vs 大宮】レポート:
双方の決定力不足が招いたスコアレスドロー。
勝点1を分け合い現状を維持した名古屋と大宮は、今季の最終目標への気持ちを新たにした。(12.10.07)

気持ちを新たにするしかない。
毎度のバカポジティブな名古屋の担当の方も歯がゆいかんじだったようで。
勝ちたかったなーとは思いますが、まぁ仕方ない。
 
10月6日 J1第28節 VS 名古屋グランパス △1-1 瑞穂陸上競技場

連続スコアレスドロー。

大宮
GK 北野貴之 1
DF 村上和弘 26→83分 渡部大輔 30
DF 菊地光将 2
DF 河本裕之 3
DF 下平匠 22
MF カルリーニョス 5
MF 金澤慎 23
MF 青木拓矢 6
MF チョ ヨンチョル 9→64分 渡邉大剛 13
MF 東慶悟 8→68分 金久保順 16
FW ノヴァコヴィッチ 19

名古屋
GK 楢崎正剛 1
DF たなかはゆま 32
DF ムルザニさん 4
DF 増川隆洋 5
DF 阿部翔平 6
MF 小川佳純 10
MF 田口泰士 28→68分 藤本淳吾 8
MF ダニルソン 20
FW ムゥ 25→77分 ダニエル 22
FW 永井謙佑 18
FW 玉田圭司 11

得点 なし

というわけで2試合連続スコアレスドローでした。
決め切れれば、というとこもあったわけですが、決定力というものはないのが世の常。
この勝点1が無駄にならないようにとポジティブに行きましょう。
だいたい無駄になる勝点なんてないんだから。

とりあえず思ったこと
・とは言え、最後の金久保順のシュートは決まって欲しかった。内側に跳ね返ればなー。
・カルさんの8枚目が怖い怖い。
・何気に無失点継続中でした。
・瑞穂では勝たせてくれませんね。ただだんだん勝ちに近づいてくてる気がするので来年こそは。
スポンサーサイト

«男はパンツ一丁 女は裸だ(ミーヤ) | メイン | 1時半の方向に鬼門発見デストローイ»

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL