2012年12月08日

■最終節のスコアレスドロー

121201.jpg

【J1:第34節 清水 vs 大宮】レポート:
どちらも守備は安定したが、攻撃で目指すプレーができず、消化不良のスコアレスドロー(12.12.02)


というわけではや一週間経ってしまったわけですが、スコアレスドローでリーグ戦は終了。
ちょっと消化不良気味でしたが、天皇杯でしっかり咀嚼したいとこです。
 
12月1日 J1第34節 VS 清水エスパルス アウトソーシングスタジアム日本平 △0-0

静かなる最終節。

大宮
GK 北野貴之 1
DF 渡部大輔 30
DF 菊地光将 2
DF 河本裕之 3
DF 下平匠 22
MF 渡邉大剛 13→70分 長谷川悠 32
MF 青木拓矢 6
MF 金澤慎 23→83分 上田康太 7
MF チョ ヨンチョル 9
FW 東慶悟 8
FW ノヴァコヴィッチ 19→90+2分 清水慎太郎 29

清水
GK 山本海人 1
DF 河合陽介 17→61分 鍋田亜人夢 27
DF 平岡康裕 3
DF カルフィン ヨン ア ピン 4
DF 李記帝 33
MF 村松大輔 2
MF 杉山浩太 6
MF 小林大悟 10→58分 石毛秀樹 32
FW 大前元紀 11
FW 金賢聖 35
FW 高木俊幸 13

得点 なし

前節のホーム最終戦で残留を決め、リーグ最終節はアウェイの清水戦。
何も無いのは相手も同じで優勝争いも残留争いもACL争いも誰かの引退やらも
ない中で、なおかつ天皇杯は残っているという、最後なのか最後じゃないのか
まぁ微妙な立ち位置といえば立ち位置の試合として行われました。
それでもリーグ最終節、勝ちたいという気持ちはあったと思いますが
出た結果はスコアレスドロー。妥当と言えば妥当。
前半があまりにもフワフワしていて、どうなることかと思ったんですが
後半は守備は修正。攻撃はそのまま。
ズラタンがいないのが大きく響いた結果となってしまいました。
とはいえ天皇杯もありますので、そこまでに対策が出来るのか。
とりあえずリーグ戦で二度もボコボコにやられてる風間八宏には勝ちたいとこです。

とりあえず思ったこと
・ズラタンの不在は痛すぎた。
・モンゴルのミドルは惜しい匂いはした。
・とはいえほとんどチャンスなかったですねー。
・慎太郎にもう少しだけ時間をください。
スポンサーサイト

«残留ング!!! | メイン | 師走の人事»

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL