2013年03月04日

■今年も開幕 美味しんぼ

130302_2.jpg

【J1:第1節 大宮 vs 清水】レポート:
冷たい強風下の激闘。2点リードの大宮、清水のパワープレーに捕まる(13.03.03)

帰り道に聞いたポジティブシンキングワード。
「まだ三桁はあるから」
何が三桁?と思いましたが、勝点ですね!

130302.jpg
 
3月2日 J1第1節 VS 清水エスパルス △2-2 NACK5スタジアム大宮

やってもーたーで開幕。

大宮
GK 北野貴之 1
DF 渡部大輔 30
DF 菊地光将 2
DF 高橋祥平 17
DF 下平匠 22
MF 渡邉大剛 13→80分 富山貴光 28
MF 青木拓矢 6
MF 金澤慎 23
MF チョ ヨンチョル 9→88分 カルリーニョス 5
FW ノヴァコヴィッチ 19
FW ズラタン 11→79分 長谷川悠 32

清水
GK 林彰洋 1
DF 高木純平 34
DF 平岡康裕 3
DF 4 4
DF 吉田豊 28→70分 内田健太 22
MF 村松大輔 5→70分 瀬沼優司 11
MF 杉山浩太 6
MF イ ミンス 18
MF 石毛秀樹 8
FW バレー 9
FW 高木俊幸 13→45+1分 伊藤翔 14

得点 56分 大宮 オウンゴール
    65分 大宮 青木拓矢
    74分 清水 石毛秀樹
    84分 清水 内田健太

2013年のシーズンも開幕です。
大宮は怪我人が戻ってきた構え。すぐ右SBに入った渡部は信頼されてるんだなぁと。
新加入では高橋祥平がスタメンで、これまた怪我明けの菊地とコンビ。
ツートップはズラノヴァでした。
前半。これぞ開幕戦といった感じの立ち上がり。様子見モードなのか上手く行かないだけなのか
あまり動きのない感じで。ただ石毛に下平のとこでスピードでこられてちょっと厄介と。
大宮も練習してるっぽい形でゴールに迫る場面もあったんですが、決めきるまでには行かず。
ヨンチョルのループやらCKやらの決定的チャンスも相手に掻き出されて点にはならず。
まぁズッシリとした感じで前半は終了して、後半へ。
56分、ヨンチョルのクロスがオウンゴールになって先制。
こっからイケイケになってカウンターからノヴァコが大チャンスを逃したり。
それでも65分にはノヴァコの折り返しを青木がミドルでブチ込んで2点目。
とここまでは良かったんですが、その後のパワープレー攻勢の中で、まずは石毛に決められ1点差。
さらに押し込まれ続けて与えてしまったFKから内田健太に決められて追いつかれてしまいます。
その後、相手ゴール直前で富山が倒されてギリギリ外のFKを貰ったんですが
近すぎて揉めまくってまぁ入らないなという感じになってしまったダメ。
開幕戦でいきなり2点リードをしくるという課題が残った展開となりました。
まぁポジティブに捉えれば、勝点1は後々大きいかもしれないし、6位だし、ということで。
次はアウェイ磐田です。そういやゴール裏入れ替わったんだっけか。

とりあえず思ったこと
・高橋祥平初登場。能力は高さは証明。菊地とのコンビが熟成されれば。
・富山はサイドで出場。なるほど。
・ツートップは点取れそう。通年稼働かどうかはわかりませんけど。出来る限り。
・ヘイDJ!
・オフサイド多かった気がするけど、狙いはよくわかる。
・最後はもう1人デカイの入れて守る方向でも良かったかもしれないけど難しいとこか。
・おぉバレー。あの若かったバレーも、もう立派なオッサン。チャリンコ何台買えるくらい中東で貰ったのかな。
・清水はモーニング娘。みたいに気づくと若い子が入って入れ替わってる印象。
・にしても風強くて後半は寒かったですな。
スポンサーサイト

«PSM分析 | メイン | 2節で今季初勝利»

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL