2013年05月27日

■勝点32、まだ梅雨前

130525.jpg

【J1:第13節 甲府 vs 大宮】レポート:満足感で中断期間に入る権利を手にした首位・大宮。
退場者を出して敗れた甲府は悔しい気持ちと危機感を持って中断期間に入る。(13.05.26)

負けた場合もこのポエムを読むかと思うと、本当に勝っておいて良かった。

というわけで中断前のラストゲームも勝利。
最後に連勝で中断に入れるのは本当によいことです。
休み明けが楽しみやら怖いやら。
 
5月25日 J1第13節 VS ヴァンフォーレ甲府 ○3-0 小瀬スポーツ公園陸上競技場

中断前最後。

大宮
GK 北野貴之 1
DF 今井智基 27→86分 村上和弘 26
DF 菊地光将 2
DF 高橋祥平 17
DF 下平匠 8
MF 渡邉大剛 13
MF 青木拓矢 6
MF 金澤慎 23
MF チョ ヨンチョル 9→66分 富山貴光 28
FW ズラタン 11→83分 渡部大輔 30
FW ノヴァコヴィッチ 19

甲府
GK 河田晃兵 21
DF 福田健介 2
DF 青山直晃 26
DF 土屋征夫 41
DF 松橋優 16→02分 退場
MF 柏好文 18
MF 山本英臣 4
MF 佐々木翔 6
MF 羽生直剛 22→78分 井澤惇 10
FW 平本一樹 25→69分 金子昌広 20
FW オルティゴサ 9→HT 河本明人 15

得点 04分 大宮 ノヴァコヴィッチ
    20分 大宮 菊地光将
    43分 大宮 ノヴァコヴィッチ

中断前最後の試合は小瀬でのアウェイゲーム。
ナビスコでも負けてますし、城福監督の率いるチームには勝ったことない大宮。
チームも好調、中断前最後ってことで、小瀬には多数の大宮サポが。
30人くらいしかいなかった時もあったというのに、いっぱいいました。
アウェイ席が広がるときに、一番前に誘導されてしまい、一番前で見ました。
結果、向こう側で何が行われているのかさっぱりわからないという…。
前半。そのさっぱりわからない感がいきなり出ます。
何やらゴチャついたところで、どうやらPK?激おこぷんぷん丸な選手が1人?
中盤でボールを奪ったカウンターからズラタンが抜けだしたところを
松橋が倒してPK&一発レッド。松橋はこれで2試合連続退場だとか。
一発レッドは厳しいようにも思えましたが、判定は判定なので。
このPKをノヴァコがきっちり決め、開始4分にして1点リードと1人の数的優位。
めっちゃやりにくい展開を用意されてしまいます。
その後、甲府の攻勢を受けてしまい、やや危ない場面も。
それでも、FKから菊地が押し込んで2点目を獲ると、グンと楽になりました。
誰がゴールしたかとかは現地ではさっぱりでした。
前半終了間際にはノヴァコのスーパーゴールが飛び出し、ほぼ勝負あり。
後半は疲れが出ながらもまぁやり過ごしまして、一応は無失点。
もうちょっと攻めてもと思いましたが、暑いしねぇ。無理しないと。
若い衆はもうちょいガンガン行ってもよかったのかもしれないですが、そこはまぁ。
とにもかくにも、中断前最後のアウェイを3-0で勝って、勝点32ですよ奥さん。
07年には勝点35で残留したこともあるというのに。
ちなみに総得点は07年をすでに上回っています。
最高に近い形で中断期間を迎えたわけですが、まずはしっかり休んで
いろいろと出てきた課題を消化するいい中断期間になって欲しいと思います。

とりあえず思ったこと
・ノヴァコの2点目すごいなー。あの場面であれ出しちゃうか。
・祥平のアシストで菊地がゴール。
・北野は結婚式の余興がんばって。
・アルディ&ミーヤの出張で早めに勝っておいてよかった。
・ビジター完売かー。小瀬の芝を走っていた時代は遠くになりにけり。
・一番前、ビジョンすら上半分も見えないという。もちろん時計も見えません。
・退場についてはまぁこんなこともある、としか。
 貰った方はラッキーと思うしかないです。
・中断長いなー。んでまた7月は意外と大変という。
スポンサーサイト

«ウィーダイゴー! | メイン | 「夏だった」(CV:アキちゃん)»

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL