2013年07月09日

■「夏だった」(CV:アキちゃん)

130706.jpg

【J1:第14節 大宮 vs 鳥栖】レポート:ゲーム運びの拙さを露呈した大宮、肉弾戦に持ち込んだ鳥栖と勝点1を分け合う(13.07.07)
なかなか難しい。負けたわけじゃないんだけどね。
小石田純一さんテレビとか含めて初めて見ました!
なるほど、って感じでした。 
7月6日 J1第14節 VS サガン鳥栖 △1-1 NACK5スタジアム大宮

再開。

大宮
GK 北野貴之 1
DF 今井智基 27
DF 菊地光将 2
DF 高橋祥平 17
DF 下平匠 8
MF 渡邉大剛 13
MF 青木拓矢 6
MF 金澤慎 23→89分 上田康太 7
MF チョ ヨンチョル 9→80分 渡部大輔 30
FW 長谷川悠 32→72分 富山貴光 28
FW ノヴァコヴィッチ 19

鳥栖
GK 赤星拓 1
DF 丹羽竜平 15
DF 呂成海 20
DF 坂井達弥 5
DF 金民友 10
MF 水沼宏太 8
MF 高橋義希 28
MF 末吉隼也 23→89分 岸田翔平 29
MF 野田隆之介 18→89分 金井貢史 24
FW 池田圭 22→84分 早坂良太 25
FW 豊田陽平 11

得点 17分 大宮 青木拓矢
    83分 鳥栖 池田圭

なんのために中断してたのか忘れるほどの中断期間を経て、J1再開です。
再開した途端にあわてて4試合やって、また中断という忙しい日程です。
再開初戦は鳥栖。調子のあがらない前半でしたが、こういう時は怖そう。
大宮のスタメンはズラタンがお休みで夏男が登場でした。
前半。快調に攻めこむ大宮。夏男も元気そうでした。
17分、えらく綺麗な感じで青木が先制ゴール。
その後も立て続けにチャンスを作るものの、追加点は奪えず。
まぁだいたいの人が気付いたところですが、ここで決めておけばなんとやら。
その後はスローダウンしてしまい、前半終了。
後半。まったくペースを掴めないまま、一方的に押し込まれる展開に。
ほとんど全てのセカンドボールを拾われ、CKの雨あられ。
カウンターからの単発のチャンスもほどんどなかったですね。
ノヴァコが決めてれば、ってとこはあったかもしれませんが。
そうこうしてるうちに83分、パスミスから池田に攻めこまれて同点に。
追いつかれてからようやっとなんとかギアチェンジしましたが、間に合わず。
再開初戦は引き分けでした。なんとか連戦乗り切りたいところです。

とりあえず思ったこと
・いきなり暑くなってコンディションも大変そうでした。
・そこまでガクっと運動量が落ちたようには見えませんでした。
・青木のゴールはいい崩しだったなー。
・鉄砲駆けはしなさそうなコノチーム。
・新ビッグフラッグお披露目。大宮公園時代を知っている人には懐かしい気もするデザイン。
・12000人越えでアウェイ席が激狭。
・早くも拡張の機運が!(高まりません)
スポンサーサイト

«勝点32、まだ梅雨前 | メイン | サマーダイブ2013 長谷川悠からこんにちは»

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL