2013年08月17日

■ベルデニック大宮の思ったよりずっと短命だった終焉

監督交代のお知らせ
大宮アルディージャを支えてくださる皆様へ
慎太郎が岡山へ期限付き移籍し、仙台から和田がやってきたその日の夜
ベルデニック監督の交代が発表されました。

チーム内に溝 異例の事態プラスへ/大宮ベルデニック監督解任<埼玉新聞>
多分一番詳しいであろう記事によれば、修復不可能崩壊寸前の状態だったようで
なんちゅうか組織にはありがちと言えばありがちなことですけど、なんともまぁ。
一連の不可解な人事の流れも今となっては、というところでしょうかねぇ。
ギリギリで絶妙に上手くいってたのが、崩れると脆いってことに。

惜しい。

ベルデニック監督には感謝の言葉を。
かなり危うい状態だったチームの監督に就任してくれて、残留を果たし、翌年序盤の快進撃まで。
ありがとうございました。お世話になりました。なんだか寂しいお別れですが。
シーズン終了後にいい報告が出来るといいんですけど。

後任は既定路線なら小倉TDなんでしょうけど。まぁ多分そうでしょう。
名コーチ、名監督となりますかどうか。
貯金はあるので、多少のアレは大丈夫です。
選手は頑張らんとなぁ。

にしても、勝点36あってよかったー。
例年の状態でコレだったら、詰んでますからねぇ。
スポンサーサイト

«お盆休み | メイン | 小倉監督って聞くとまず思い浮かぶのは日大三高»

コメント


大宮は、

もう、

詰んでいる・・・



もう勝ち点は得られないだろう・・・

あとは下位に吸収されるだけだな・・・

スロベニア2トップは移籍するだろ・・・

コメント

■Re: タイトルなし
まーそんな感じだと思います!

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL