2014年03月17日

■ゲート・オブ・ザ・タイガー

【J1:第3節 川崎F vs 大宮】レポート:
終盤の2得点で逆転勝利の大宮。
3戦連続のアディショナルタイム弾を浴びた川崎Fは、この敗戦を受け止め次に繋げたい(14.03.16)

ATの逆転勝利で今季初勝利。ついに虎が目覚めたぞ!
 
3月15日 J1第3節 VS 川崎フロンターレ ◯4-3 等々力陸上競技場

今季初勝利はドタバタ大逆転劇。

大宮
GK 北野貴之 1
DF 今井智基 27
DF 菊地光将 2
DF 高橋祥平 17
DF 中村北斗 14
MF 渡邉大剛 10→75分 チョ ヨンチョル 9
MF 片岡洋介 34
MF 金澤慎 23→84分 和田拓也 22
MF 家長昭博 41
FW ズラタン 11
FW ラドンチッチ 20→58分 長谷川悠 32

川崎
GK 杉山力裕 1
DF 田中裕介 3
DF 中澤聡太 7
DF 井川祐輔 4
DF 福森晃斗 22→HT 武岡優斗 17
MF 大島僚太 16
MF パウリーニョ 34
MF 中村憲剛 14
MF レナト 10→89分 山本真希 6
FW 小林悠 11
FW 大久保嘉人 13

得点 04分 大宮 菊地光将
    12分 川崎 オウンゴール
    29分 大宮 家長昭博
    70分 川崎 レナト
    86分 川崎 大久保嘉人
    90分 大宮 菊地光将
    90+3分 大宮 チョ ヨンチョル

久しぶりに関東近郊で行われる試合に行きませんでした。
別のスタジアムのピッチ上にいて、この知らせを見た時は驚きましたよ。
録画すらしていなかったので、日曜日の再放送を見ました。
とにかくあの展開で勝てたのは何よりですし、次に繋げたいです。
毎年冷水をぶっかけられるホームの仙台戦だからこそ、ここは一発。

とりあえず思ったこと
・セットプレーから菊地のヘッドで先制。相変わらず滞空時間おかしい。
 このジャンプのタイミングのおかしさと滞空時間のおかしさを活かしたセットプレイを構築してみては。
・メロ君のクリアミスで同点に。まぁこれはあることなので。
・家長の超絶ゴールで勝ち越し。慎とのワンツーでPA内に侵入し、そのまま2人のDFの間を抜けました。
 んーやっぱすげーなー。ついにゴールと絡んだ。
・後半はサンドバック状態。どんどん川崎のシュート数が増えていく。
・レナトに決められた時もPA内に人はいっぱい。
・さらに小林悠から大久保のクロスであーいつもの川崎戦だよ(2パターンあるうちのBパターン、
 ちなみにAパターンは単なるフルボッコ)。
・ところがどっこい90分にFKからまたしても菊地のゴールで同点。
・さらにAT3分にカウンターからヨンチョルがついに虎になって逆転に成功!
 左足でニアぶち抜いたぜ!
・しかし3試合で6失点ではキクもなかなか喜べまい。
・北斗は初出場。あまり目立たず。
・北野もスタメンに。ここらの意図を聞いてみたいところです。
スポンサーサイト

«光るミーヤの怪光線 | メイン | カチアガレ!»

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL