2014年04月04日

■Man In The Mirror

【ヤマザキナビスコカップ 浦和 vs 大宮】レポート:
すべてお膳立てされていたかのような劇的な展開。
さいたまダービーは浦和に軍配(14.04.03)

本日のサッカーの本質「移籍した選手にはゴールを決められることがある」。

スタジアムで流れていた「SPORTS FOR PEACE!プロジェクト」のVTRのBGMが「Man In The Mirror」でした。
なんでコレ?と思って家に帰って訳詞を見たら、まったくその通りという感じでした。
リーグ全体で「見つめなおす、鏡に写ってる人から変えていく」機会なのかもしれません。
イルーゾォは関係なかったです。そして大泉洋も関係なかったです。
 
4月3日 ヤマザキナビスコカップ第2節 VS 浦和レッズ ●1-2 埼玉スタジアム2002

鏡の中。

大宮
GK 北野貴之 1
DF 今井智基 27
DF 菊地光将 2
DF 高橋祥平 17
DF 渡部大輔 30
MF 家長昭博 41
MF 片岡洋介 34
MF 横山知伸 18
MF 橋本晃司 4→60分 渡邉大剛 10
FW チョ ヨンチョル 9→87分 富山貴光 28
FW 長谷川悠 32→77分 ラドンチッチ 20

浦和
GK 西川周作 21
DF 森脇良太 46
DF 永田充 17
DF 濱田水輝 12
MF 関根貴大 26→70分 宇賀神友弥 3
MF 柏木陽介 8
MF 阿部勇樹 22→78分 青木拓矢 16
MF 関口訓充 11
MF 原口元気 9
MF 興梠慎三 30→61分 矢島慎也 29
FW 李忠成 20

得点 浦和 16分 李忠成
    大宮 30分 橋本晃司
    浦和 87分 青木拓矢

ナビスコ初戦はさいたまダービーということで。
ナビスコ、水曜日、相手の諸事情といろいろな要素が重なって
いつもの雰囲気とも違う独特の雰囲気だったような気がします。
大宮はスタメンを柏戦から5人入れ替えて、橋本、横山が初スタメン。
試合が始まってみると、3バックでした。というか5バックでした。
大宮が試合の最初から3バックだったのって自分は初めて見た気がします。
守備がどうにも固まらないテンプルなので、浦和対策にも
5バックを試してみるのはよかったのかもしれませんが、これがすぐわかる練習不足。
出る出ない、追う追わない、いろいろとバラバラで、ズタズタに。
結果、またしてもハーフコートマッチを見させられることに。
16分には李忠成さんにあっさり決められて、早くも失点。ふぇぇ。
守備がそんなんなら攻撃も上手く行くはずもなく…。
そんな中、30分に橋本のロングフィードからゴール前でFKを貰い
家長と橋本がボールの前に立ちます。家長は囮で橋本が見事なボールを蹴って同点に。
そんなこんなで前半は終了。
後半。守備は多少は慣れてきたようですが、まぁ大半はグダグダ。
攻撃はお察しレベルということで、またしてもハーフコートマッチが展開されます。
そんな退屈な時間を過ごしていると、78分に青木が登場。熱くなる大宮サポ。
そして87分にはゴールも決められました!酷い仕打ち!
そのまま何もなく敗戦。今年もナビスコはヤラズで終了かしら。
ナビスコとはいえダービーではあったので、も少しなんとか。
リーグ戦が重要ってのはわかってますけども。ほら平日に見に行く方としてはさ!

とりあえず思ったこと
・橋本移籍後初ゴール。交代させられてしまい、さらに攻撃チャンスが減るという。
 目処は立ったということか、同じシステムで行くなら大剛の入る場所はあそこ、ということテストかな。
・横山も後半はやや良かったかしらん。試合勘がね。
・早めにやられといてよかったんじゃないかなと個人的には思いますよ。
・ちなみに青木にやられるより栗澤にやられた方が辛いという結論に達しました。
・関根っていい選手ね。
スポンサーサイト

«新婚得点!SHOW hei ショーヘイ 2 | メイン | ガンガンズンズングイグイ 上昇»

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL