2014年05月05日

■Bitter Pain , Sweet Revenge

140503.jpg

【J1:第11節 大宮 vs 新潟】レポート:
5バック導入も失点止まらぬ大宮。セットプレーからの2点で新潟と痛み分ける(14.05.04)

はい次です。
 
5月3日 J1第11節 VS アルビレックス新潟 △2-2 NACK5スタジアム大宮

追いつかれてのドロー。

大宮
GK 江角浩司 21
DF 今井智基 27
DF 菊地光将 2
DF 高橋祥平 17
DF 渡部大輔 30
MF 中村北斗 14→77分 渡邉大剛 10
MF 増田誓志 38
MF 片岡洋介 34→85分 横山知伸 18
MF 家長昭博 41
FW 富山貴光 28→62分 チョ ヨンチョル 9
FW ズラタン 11

新潟
GK 守田達弥 21
DF 松原健 27
DF 舞行龍ジェームズ 4
DF 大井健太郎 3
DF 金珍洙 19
MF レオ シルバ 8
MF 小林裕記 6
MF 成岡翔 18→68分 加藤大 13
MF 田中亜土夢 10→83分 小泉慶 25
FW 岡本英也 16→75分 鈴木武蔵 28
FW 川又堅碁 20

得点 09分 新潟 田中亜土夢
    39分 大宮 ズラタン
    54分 大宮 高橋祥平
    56分 新潟 岡本英也

勝っても負けてもすぐ次の試合。それがゴールデンウィークです。
本日もスタートから3バックの大宮さん。
突貫工事感満載でお送りしていますが、中断前までこれで行くんでしょうか。
選手の距離感が遠く、長い横パスが多くて怖い感じしました。
守備面ではバイタルスカスカ地獄。というかむしろそんなもん無視。
結果的には同点でしたがヤバイ場面ありましたねぇ。
もうちょっと運よけりゃ勝ったかもしれませんが、それはまぁ。
謎の降格圏脱出を見せたのには驚きました。

とりあえず思ったこと
・攻撃のスイッチを入れるのは左右のCBらしい。
・そのうち1人は点決めました。
・ズラタン2戦連続ゴール。
・久々家長さん点絡む。
・しかし歪んでます。
・この歪みを矯正するヒマがないので何とか保て。
スポンサーサイト

«昭和は遠くになりにけり | メイン | 出た!カルチョ»

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL