2014年07月15日

■七戸十和田では降りたことありません

140712_1.jpg

140712_2.jpg

【第94回天皇杯 2回戦 大宮 vs 八戸】レポート:
J1の底力を証明した大宮、八戸に先制を許すもJ1の力と技で退ける(14.07.13)

危ないとこでした。マジで。
えー次湘南かよー。もういいよー。
 
7月12日 天皇杯2回戦 VS ヴァンラーレ八戸 ○3-1 NACK5スタジアム大宮

一時はどうなることかと。

大宮
GK 清水慶記 31
DF 渡部大輔 30
DF 今井智基 27
DF 菊地光将 2→73分 福田俊介 3
DF 中村北斗 14→HT 高瀬優孝 24
MF 橋本晃司 4
MF 和田拓也 22
MF 渡邉大剛 10
MF 富山貴光 28
MF 家長昭博 41
FW ズラタン 11→24分 長谷川悠 32

八戸
GK 山田賢二 1
DF 菅井拓也 20
DF 成田諒介 3
DF 須藤貴都 23
DF 久利研人 4→71分 金子顕太 29
MF 関口雄与 24→84分 鳴海勝也 11
MF 新井山祥智 10
MF 菅井慎也 19
MF 西村啓 7
FW 小林定人 9→54分 中村侑人 2
FW 玉田道歩 22

得点 05分 八戸 須藤貴都
    38分 大宮 菊地光将
    50分 大宮 長谷川悠
    55分 大宮 長谷川悠

ブラジルW杯も終了し(この試合の時点ではまだ終わってませんでしたけど)、Jリーグも再開です。
その前に、今年から大きく日程変更した天皇杯の2回戦が。
元日国立決勝ではなくなってしまったのは寂しい気もします。
「どうせ関係ないだろ」と言われたらそれまでですけど。
でも今の所天皇杯が一番タイトルに近づいた大会ではありますよ。
そんな今年の天皇杯の初戦の相手はJFL所属のヴァンラーレ八戸でした。
ここらへんのチームがJ3所属なのかJFL所属なのか地域リーグなのかって一見するとわかりにくいですよね。
昼間の暑さの残る中、試合開始でした。
「トーナメント初戦は難しい」「カテゴリーが下の相手との試合は難しい」
「中断明けの試合は難しい」といろいろ揃った結果なのか、とにかく前半は酷かったの一言。
CKからあっさり失点すると、プレスを受けて後手後手に回り、ぼんやりとしたプレーでボールを失う。
追加点を取られてもおかしくないまま試合は進み、さらにはズラタンが負傷で交代。
最悪な流れの中、ストライカー菊地がセットプレーから同点ゴール。
そして後半。50分に大剛から家長クロスに長谷川悠がダイレクトボレーで逆転。
さらに5分後には今度は家長から大剛クロスに再び長谷川悠が珍しくヘッドで突き刺して2点差。
これで一応勝負アリって感じでした。
にしても、どうなることかと思った前半でしたが、後半は一応持ち直しましたかね。
不安いっぱい夢いっぱいなリーグ戦再開になりそうです。
ここで課題ゼロで突入されるのも不安なんですが。どっちみち不安なのかよ!
何にせよリーグ戦は19日から再開です。

とりあえず思ったこと
・富山がどうしても点取りたいのかかなり粘りましたが惜しくも得点ならず。
 最初のヘディング決めておけば。
・ズラタンはまーた同じとこ痛めたっぽいですなぁ。
・北斗がメロメロだったため高瀬がよく見えるという。
・祥平の負傷は大丈夫なのかなー。
・にしても暑かったなー。
・八戸からはるばるようこそ。J入りした場合は結構近い方のアウェイになると思われます。
スポンサーサイト

«席替えタイム | メイン | Мрђа!!!»

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL