2014年07月24日

■カシマで勝つまで何年かかるかゲーム

【J1:第16節 鹿島 vs 大宮】レポート:
"すべての条件"が揃った鹿島だったが痛恨のドロー。
多くの時間で主導権を握りながら勝点1しか得られず。(14.07.24)

ジーコさん来てたんですよね。鹿島にすべての条件が揃ってたというなら大宮には逆ってことで。
引き分けなら御の字、と言っておきたいところです、ロドリゲス。
 
7月23日 J1第16節 VS 鹿島アントラーズ △2-2 カシマサッカースタジアム

追いついてドロー。

大宮
GK 江角浩司 21
DF 今井智基 27
DF 菊地光将 2
DF 高橋祥平 17
DF 渡部大輔 30
MF 橋本晃司 4→54分 増田誓志 38
MF 和田拓也 22→83分 片岡洋介 34
MF 渡邉大剛 10→89分 富山貴光 28
MF 家長昭博 41
FW ムルジャ 8
FW ズラタン 11

鹿島
GK 曽ヶ端準 21
DF 西大伍 22
DF 植田直通 23
DF 昌子源 15
DF 山本脩斗 16
MF 柴崎岳 20
MF 小笠原満男 40→77分 梅鉢貴秀 27
MF 遠藤康 25→86分 豊川雄太 19
MF カイオ 33→77分 本山雅志 10
MF 土居聖真 28
FW ダヴィ 11

得点 34分 鹿島 ダヴィ
    57分 大宮 家長昭博
    58分 大宮 カイオ
    68分 大宮 ズラタン

なんかこの間再開したばかりだと思っていたのにね、早くも試合です。
前節の後半に成功したフォーメーションで挑む大宮。
んが、今度はこれが大失敗。前半はシュート0で終わることに。
ついでにCKからダヴィに決められてまたしてもビハインド。
1点で済んだのは幸いでした。
後半、増田が入ってフォーメーション変わると、これはハマった感じに。
こちらもCKのこぼれ球を家長が決めて同点。
が、すぐにカイオのバイシクルで再逆転。
それでも諦めず、少ないチャンスの中で、CKからこぼれ球をズラタンが押し込んで同点。
その後、ムルジャ、ズラタンが抜け出すチャンスがあったのですが決めきれず。
逆に試合終了間際、特に豊川が入った当たりからは危険な場面続出。
なんとか引き分けで終わったものの、危ないとこでした。
鹿島で負けなかっただけよかったのかもしれませんが、勝利が遠いですなぁ。

とりあえず思ったこと
・ズラタンが連続ゴール。怪我さえなければこのくらいは。
・なんとかかんとかムルジャを90分引っ張ってみました。最後は疲れてましたね。
・徹底マークにあってましたが。そりゃそうか。
・またしても試合の入り方に失敗。これで3試合連続。
 ここで失点してしまうので、すごく難しくなるという。
・豊川の投入があと10分くらい早かったらヤバかったかも。
スポンサーサイト

«Мрђа!!! | メイン | どんな幻滅も僕たちは超えてゆく でもその前にひとしきり傷むアンテナもなくはない»

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL