2014年09月16日

■ゆりかごからドンキまで

140913.jpg

【J1:第23節 大宮 vs 鹿島】レポート:
残留の大宮、堅守復活の萌芽。猛攻を1点でしのぎ、カウンターとセットプレーで鹿島を沈める。(14.09.14)

「大雪の被害で屋根がボロボロで修復の目処がたたない熊谷ドームを見て、あれが大宮の現状を象徴している、
とか言ってたのはどこのどいついだい?アタシだよ!」
そんなこんなですが超久しぶりにリーグ戦で勝ちました!
9月17日 J1第23節 VS 鹿島アントラーズ ○2-1 熊谷スポーツ文化公園陸上競技場

勝った。あまりにも久しぶりに。

大宮
GK 北野貴之 1
DF 今井智基 27
DF 横山知伸 18
DF 高橋祥平 17
DF 中村北斗 14→65分 和田拓也 22
MF 金澤慎 23
MF カルリーニョス 5
MF 家長昭博 41
MF 泉澤仁 39→89分 富山貴光 28
FW ムルジャ 8→84分 増田誓志 38
FW ズラタン 11

鹿島
GK 曽ヶ端準 21
DF 西大伍 22
DF 山村和也 4
DF 昌子源 15
DF 山本脩斗 16
MF 柴崎岳 20
MF 小笠原満男 40
MF カイオ 33
MF ジョルジ ワグネル→54分 中村充孝 13
MF 土居聖真 28→56分 遠藤康 25
FW ダヴィ 11→74分 赤崎秀平 18

得点 34分 大宮 ムルジャ
    69分 鹿島 昌子源
    74分 大宮 高橋祥平

水曜日の天皇杯で渋谷新体制での初勝利。中2日で熊谷開催の鹿島戦です。
年に一度の熊谷開催。今年も目一杯イベントを詰め込んで賑わっておりました。
さて試合の方なんですがカルリーニョス、家長、泉澤、ムルジャ、ズラタンが並んだスタメンで
どう戦うのかとおもいきや、かなり泥臭い感じに。狙ってたのかどうなのか。
前半はほぼハーフコートで押し込まれ、クリアしてもすぐ拾われ
たまーにロングボールで攻めるしかないというボッコボコモード。
それでも泉澤のドリブルからのシュートのこぼれ球をムルジャが決めて先制。
ここからの泉澤は凄かったですね。軽々とドリブルで侵入してました。
ここで追加点取れるようになったら、もっといいんですけどねぇ。
前半は1-0で折り返し。いつ以来だリードして折り返したのというレベルですよ。
後半は再びのボッコモード。69分にはムルジャが倒れてもプレーは止まらず
もちろん鹿島が外に出してくれるわけもなく、そのままCKへ。
流れ厨的にこれはヤバイと思ってたら、案の定決められて追いつかれます。
それでも5分後、カルリーニョスのFKがゴール前でこぼれたところを
高橋祥平が左足で決めて再度勝ち越しに成功!自分でゆりかご!
こっからの20分は長かったー。何やるかわからないダヴィがいなくなったものの
とにかく守ってました。増田を投入して前からと戻ってと大忙し。
さらに終了間際には家長が戻ってクリア!なんてことだ。
そんなこんなで長い長い5分のATも守りきり、5月以来の4勝目を上げたのでした。
ここより秋とする。

とりあえず思ったこと
・というわけでカルリーニョスなわけです。活躍してました。どうやったのか。
 能力もハートも疑うとこはないわけですけどね。鍵を握るのはカルちゃんなのか。
・ムルジャがゴールした試合でようやく勝てました!
・祥平も自分でゴール決めてゆりかごってなかなかないからね。
・泉澤は完全に武器になっているのでいいよいいよと。
・北斗はほぼ何も出来ないまま交代してしまいました。左SBは大穴埋まってないまま。
・北野さんのおこぼしがちょっと怖かったぜ。
・14000人超が入った熊谷。最後の挨拶まで全部見たら、バスに乗るのに1時間かかりました。
 ラッキーだったのはバス乗った瞬間に土砂降りだったことですが、まだ並んでた人相当いたなー。
 どうにかならんかって言ってもどうにもならんのでしょうけど。
・かなお姉さんはかわいかったです。
・ふっかちゃんのメジャー感も凄かったです。
・あんだけイベントぶち込めるなら普段も何とか頑張りたいんでしょうけど敷地がねぇ。
・隣にデカい公園あるんだし、管轄の差はあれど、なんとか場所を使わせて貰えないかなー。来年こそ。


スポンサーサイト

«パラダイム | メイン | 思い出作り、10年やってます»

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL