2014年09月22日

■思い出作り、10年やってます

【J1:第24節 徳島 vs 大宮】レポート:
“慎重”に支配されたような前半の戦い…。
徳島は大宮との直接対決に破れJ1残留が大きく遠のく。(14.09.21)

今季初の連勝、でようやっと残留争いに名乗り。
とはいえ今季やっと5勝目。これからも疲れる試合が続きそうです。
こんな時に連戦なんですよねぇ。 
 
9月20日 J1第24節 VS 徳島ヴォルティス ○2-0 鳴門・大塚ポカリスエットスタジアム

秋近し。

GK 北野貴之 1
DF 今井智基 27
DF 横山知伸 18
DF 高橋祥平 17
DF 中村北斗 14→82分 和田拓也 22
MF 金澤慎 23
MF カルリーニョス 5
MF 泉澤仁 39
MF 家長昭博 41→50分 橋本晃司 4
FW ムルジャ 8→90+2分 福田俊介 3
FW ズラタン 11

徳島
GK 長谷川徹 31
DF 藤原広太朗 4
DF 斉藤大介 16
DF 村松大輔 35
DF アレックス 3
MF エステバン 33
MF 濱田武 14
MF 大崎淳矢 20→78分 小暮大器 23
FW 津田知宏 11→63分 キム ジョンミン 19
FW 佐々木一輝 25→63分 那須川将大 24
FW 高崎寛之 13

得点 56分 大宮 ムルジャ
    80分 大宮 ムルジャ

最近、朝晩はめっきり涼しくなりまして、夏の終わりを実感させられます。
嫌だ!夏行かないんで!
とはいえ、大宮のシーズンはここからが本番。
残留争いへの足がかりを掴むためにも、勝たなきゃいけない徳島戦。
引き分けなら死なばもろともになってしまいます。
前半。キックオフ直後から快調に攻め込みますが、ゴールまでは行けず。
ミスから流れを渡したというか、お互い慎重な感じになってしまい硬直。
これは何度も見たことのあるような試合、ということで。
後半。家長がコンディション不良ということで5分で橋本に交代。
56分。この日も攻守に走り回っていたカルリーニョスが前線でエステバンにプレス。
ボールを奪いきったところはPA内。ムルジャへの折り返しをしっかり決めて先制。
ほぼカルリーニョスの点と言っても過言ではないですが、しっかり決めたムルジャも○。
その後すぐにエステバンに同じように前線にプレスをかけられたところが
物凄く危険でしたねぇ。あれ危なすぎた。その後もかなり押し込まれました。
そうこうしてるうちに時計は進み、80分、横山のクリアを藤原がキックミス。
ムルジャが奪ってしっかり決めて大きな2点目。
その後は徳島の攻勢にあいますが、ラッキーもあって無失点。
結果、2-0で勝利して今季2度目の連勝。1度目はいつだか覚えてないくらいですが。

とりあえず思ったこと
・カルちゃん躍動継続中。1点目のプレスは凄かった。
・ムルジャ落ち着いて2ゴール。やっぱ凄い。
・横山もよかった気がする。ようやく。
・左SBは北斗で入って和田で締めるのかしら。
・泉澤がかなり警戒されてるけど、それでも行くときは行く。
・相変わらず高崎危ない。
・中継のアナが身長のことばっかり言うのが。
スポンサーサイト

«ゆりかごからドンキまで | メイン | 疾風迅雷»

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL