2015年10月05日

■♪ドレミファソラファミレド

151004.jpg

151004_2.jpg
順大くんの、なんでそっち側に並んでんだよ感。
オールスターでのつば九郎のハイタッチを思い出しました。
 
追いついて引き分けたのは大きい!ここからは1試合づつ大事です。
天皇杯と続く連戦なので、どうなるかなー。
 
10月4日 J2第35節 VS ジュビロ磐田 △2-2 ヤマハスタジアム

大宮
GK 塩田仁史 21
DF 片岡洋介 34
DF 菊地光将 2
DF 横山知伸 18
DF 和田拓也 22
MF カルリーニョス 5
MF 金澤慎 23
MF 横谷繁 17→61分 マテウス 16
MF 泉澤仁 39→90分 富山貴光 9
FW 家長昭博 41
FW ムルジャ 8→90+3分 福田俊介 28

磐田
GK カミンスキー 21
DF 櫻内渚 25
DF 藤田義明 33
DF 森下俊 35
DF 宮崎智彦 13
MF 川辺駿 40
MF 上田康太 7
MF 太田吉彰 9
MF 小林祐希 4→83分 松浦拓弥 11
FW アダイウトン 15→75分 松井大輔 22
FW ジェイ 8

得点 06分 磐田 アダイウトン
    21分 磐田 アダイウトン
    70分 大宮 家長昭博
    81分 大宮 ムルジャ

前半戦、勝てなかったチームとの4連戦も最終戦。最後はアウェイの磐田戦です。
スタメンは前節と同じ。大ちゃんスタメン復帰かと思ったのですが、アレだったからかな…。
前半。開始早々、多分に注意を払っていたはずの、ジェイ-アダイウトンのラインでやられます。
長いボールに走りこんだジェイを止められず、アダイウトンにパスされて失点。
その後も磐田のリズムで試合は進み、21分にもロングボールをジェイが落としてアダイウトン。
あらあらとしている間に2点のビハインドとなってしまいました。
前半は時折カウンターからチャンスは作るものの、基本的には磐田ペース。
ATのCKからの菊地のヘッドは枠の外、というところで前半終了。
後半。息を吹き返したように大宮に流れが戻ってきました。
セカンドボールを拾えるようになりまして、攻撃が続くようになってきました。
61分に横谷にかわってマテちゃん投入。張り切るマテちゃん。
入ったかと思った慎のミドル、これも入ったかと思ったカルちゃんのミドル。
70分。右サイドで家長がキープしてカルちゃんへ。出した家長はDFラインの裏へ侵入。
カルちゃんがアウトで出したナイスパスを家長がトラップ&浮かせてボレー。
あまりにも家長らしいテクニカルなゴールで1点差。
さらに80分、自陣守備からムルジャへのロングボール。カミンスキーが飛び出しかけたのですが
ムルジャが先に追いつき無人のゴールへループ。これが決まって同点!
その後のセットプレーが続いたピンチもなんとか凌いで引き分け。
前半戦に引き続き、仕留め損なった感もありますが、追いついて引き分けですし、状況を見たら
問題ない結果だったと思います。いやー疲れた。
次はレアな水前寺での熊本戦。これ逃すと次はないかもしれませんので是非!
隣で競輪もやってますよ!

とりあえず思ったこと
・家長は最初の方のジャッジからイラついていたようでしたが、あのゴールでスッキリ。
 今日も走ってました。あと左足アウトで物凄いトラップしてて凄かった。
 途中まではそれ見られただけで来た価値があったと自分に言い聞かせてました。
 家長なら左足アウトで里芋の煮っころがしもピタっと止められる気がする。
・なんだかんだでムルジャちゃん。
・カルちゃんがんばってましたね。磐田好きなんだなー。
・マテちゃんも張り切って走って守備も食らいついてた。助かったとこもありましたね。
・横谷は次がお休み。天皇杯がんばれ。
・ベンチ入り選手達のおしくらまんじゅうアップはどうしてもじゃれて遊んでるように見えてしまう件。
・ジェイをドコモショップでイライラさせる作戦は通じたのだろうか。
・ヤマハスタジアムのゴール裏2階席、初めて行きましたが、こっちサイドのゴール見えないのなんの。
 相当慣れが必要だと思いました。慣れることないと思うけど。
 そんなときに限って全ゴールこっちサイドという…。家長のは全然見えませんでしたw
 ムルジャのもあー外したかもと思ってしまった。ムルジャすまぬ。
・ついでに帰り道で人に着いて行ったらツアーバスの駐車場に着きました。
 でもなぜか路線バスのバス停にたどり着き、シャトルバスより安く磐田駅についたのでした。 
 太川さんもびっくり。
スポンサーサイト

«埼玉が勝つ | メイン | 一日一歩三日で三歩、三歩歩いて二歩下がる»

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL